VOB_000594853

(´・ω・)どこから見えててどこまで見えないのか、とか?ビームサーベル振るときとか自分の腕見えないと距離感掴めないだろうし、つばぜり合いの時はどの辺まで自分の腕が見えてるのか気になる…


2名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 01:06:07
同じ疑問あったけど、UC1話のクシャトリヤがある程度答えを出してくれてた気がする。あれは感動した。





3名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 01:17:17
・頭部カメラの操作要らないんじゃないだろうか?
・コックピット閉めた直後は胸部カメラ視点なのに、いつのまに頭部カメラ視点に変わるんだろう?



4名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 01:20:07
確かMGアレックスの機体解説に、全天周モニターにする事で、それが認識力の拡大へとつながるんじゃないかっていう、連邦側のNTへのアプローチの手段だったとかなんとか読んだ記憶がある

自機のどの部分をどう表示するかは搭乗者が調整できるんでない?



5名無しのジョジョ好き[]:2014-11-24 01:21:18
単純に怖くないのだろうか。
高所恐怖症とかだと怖くて無理な気がする。



6名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 01:24:08
全天モニター時代の画面表示は全部カメラからの情報を再構成したCGって設定だから
視点はポリゴンゲー同様自由に移動できるだろう。
その気になればサードパーソンシューティングみたいに自分の機体が目の前に浮いてる表示も可能なはず。
チャンバラのときなんかは下見ると自機の首から下が映ってるんじゃないかと思ってる



7名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 01:24:42
戦場の絆は上手く表現したと思うよ



8名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 01:26:20
各部カメラの画像合成してたり
CG処理で酔わないように画像風に補正かけたりしてるって設定がある




10名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 01:46:04
小説版逆シャア(べルチル)で全天周囲モニターについて説明があるね
宇宙酔い対策でわざとゲームっぽく演出してるらしい



11名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 01:51:55
MS毎にコックピット考えなくても良くなった分、作画作業は軽減されたんじゃないかな。背景ならある程度誤魔化せるし。
グリプス以降って比較的同系統なシートと操縦管ばかりだったような。
後はコックピット内から見える映像で他の機体の撃墜カットを入れれば、緊迫感と作業枚数の軽減がで来そう。

HGUC 1/144 Vダッシュガンダム (機動戦士Vガンダム)


12名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 01:58:38
アレックスで採用されて以降、つぎの機種への採用に随分とタイムラグがあったな

量産機への導入が時間かかるのは解るが、GPシリーズすら全天じゃないのはなんらかの理由があるのかね?



13名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 02:01:22
たかだかコアファイターのコックピットが全天周囲モニターに変化するギミックが知りたい。
なんでコアファイターのコックピットにジュドーとエルとルーとプルツーが収まって全然余裕なのか知りたい。
なんでウェーブライダーになるといきなりコアファイターのコックピット並みの狭さになるのか知りたい。むしろコックピットの位置が移動するギミックが知りたい。
いや、むしろZの胴体が空っぽなのになんで動くことができるのか知りたい。



14名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 02:03:07
演出的に凄く好き。
でも全身にカメラを設置する必要があること考えると、
機体の頭と連動して動くヘッドマウントディスプレイのほうが利にかなってるかも。
絵的にパイロットの顔が映らなくなるのはマイナスだけど。
ボトムズもそんな感じだったね。



16名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 02:44:23
現実でもF-35の電子光学分散開口システム(Electro Optical Distributed Aperture System, EO DAS)と呼ばれる、機体に6台の赤外線カメラを固定式に装着して各カメラが捉えた映像を合成処理して継ぎ目を無くして一つの映像として統合、機体を透過して全球状の視界を得られるシステムが有る
全天周囲モニターがコクピット内に映像を投影するのに対し、EO DASはヘルメットのバイザーに映像を投影するので、全天周囲モニターと比較してコクピット内の部材の制限が無く、省スペースで運用が可能であるため、この技術に関しては現実世界>宇宙世紀と言っても過言ではないかも知れない
まあ、メタな事を言えば作画が楽だからああいう風になってるんだろう



17名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 04:07:40
プラネタリウムですか
冬のお星様を見るための機能




18名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 04:20:21
ギャプランの、下に死角があるってくだりに興味ある



19名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 04:41:11
ファーストからZになって全周囲モニターを初めて見た時の衝撃は忘れられない
単純にカッコイイ



21名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 05:53:47
絆のコックピットは胸部カメラの位置になってるよね。
初プレイで友人は酔ってたけど、あれも適正あるんだなと思った。



23にじんちゅ[]:2014-11-24 07:14:07
変な話、ミノフスキー粒子のせいで、レーダーがつかえないから、あくまでも、視力に頼ることになるんだから、モニターも大事だけど、単純な視力も大事になるんじゃないかな。



24名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 07:28:19
この手の話しは月刊モデルグラフィックス89年5月号で語り尽くされた



28名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 09:57:26
起動時の「世界が広がっていく」感覚が良いよな。



29名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 10:24:27
要はCGを画面に映してるだけなんだから、場面によって自分の腕映す映さないどころか、全天周囲モニターON/OFFはできると思ってた
だから全天周囲モニターにデメリットを感じたら、別の表示に変えられるんじゃないかな



33名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 11:59:13
確かステイメンは他のGPシリーズと違って全天周&リニアシートだったよね



34以下、GUNDAMがお送りします[]:2014-11-24 12:56:39
UCの全天周モニターで宇宙はなかなか怖そうだった
プラネタリウムが回っても酔いそうになるのに




35名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 12:57:11
逆に限界がわからなくなりそうなんだよな
車で言うならボンネット見えないからいつぶつかるかわからん



37名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 13:36:51
Z放送当時のケイブンシャのガンダム大百科だか
ラポート出版のガンダム大辞典で、浮遊感が凄すぎて
高所恐怖症になったりパイロットのストレスが酷いって書いてあったから
見た目はカッコイイけど視界が限定されてるコクピットよりも負担大きそう



42名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 15:05:36
パイロットの方、いますか?
疑問なんですが、宇宙に投げだされているみたいで怖くありませんか?



45名無しのガンダム好き[]:2014-11-24 17:54:23
うーん、議論しているが、実際に全周囲モニターなんて国立科学博物館の360度モニターしか見ていないけど。
実際に採用されてシミュレータができた場合、それが普通になっちゃうのでは?自転車や自動車がそうであるように、慣れてしまったら気にならないのでは。



47以下、GUNDAMがお送りします[]:2014-11-24 23:38:49
Gフォートレス時のZZのコクピットはさかさまなんだろうか?



48名無しのガンダム好き[]:2014-11-25 01:15:59
死角の問題は
UCで望遠画像が別窓で表示されてたから
バックミラーみたいな小モニターが死角を表示できると思う
だからGレコでそういう描写を追加カモン!



50名無しのガンダム好き[]:2014-11-25 10:18:50
逆シャアでの説明だと全天モニターに恐怖感を感じる人は
思いっきりCG加工した簡素な映像に変えられるみたいだしね



52名無しのガンダム好き[]:2014-11-26 00:26:34
あのコックピットの中さ、広く感じるよね




【ガンダムBFT】シアちゃんのこと‥好きになっちゃった人いる!?

【ガンダム】AGE未視聴なんだけど、どう酷かったのか具体的に教えてくれ

【ガンダム】ストライクガンダムの中で一番好きなバリエーション

【ガンダム】みんなVSシリーズの中で一番どれが好きなの!?

【画像】RX-93「νガンダム」のバリエーションで1番カッコいいのは

【画像】マーヴルとガンダムのコラボwwwwwww

まとめサイト速報+

【ガンダム】サザビーかっけぇ!と思いこの本を買ってきました

【ガンダムBFT】お前らフミナちゃんのこれ気付いてたか?



※煽り等の発言は確認できた場合アクセス禁止にする場合があります。ご理解ください
(´・ω・)記事タイトル募集してます!→お気軽にどうぞ