【鉄血のオルフェンズ】鉄血のMSって宇宙世紀のビームライフル(荷電粒子砲)も防げるの?

1名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 18:13

ゲームだと軽減系のアビリティになりそう





2名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 18:14

サンライズ次第でどうにでも・・・架空兵器だし




3名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 18:18

アナザーだからビーム兵器の定義は作品ごとに違う




4名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 18:32

意外と鉄血世界のビーム以外は防げなかったりして




5名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 18:37

1※
何故かGジェネ新作だと物理射撃半減効果でビーム属性については一切関係ないよ!




6名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 18:39

ハシュマル砲は描写だけ見たらビグザム砲くらいの威力はありそうだったがどうなんだろ?




9名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 18:51

一言にビームといってもその質は作品ごとに多種多様
例えばUCのビームはミノ粉をプラズマ化させたもだから
ミノ粉が無いアナザー世界とは完全に違う




10[] 2016年12月26日 18:53

塗装で弾いてるんだから、ちょっと引っ掻いて塗装剥がせば効くんだろう。
まぁ、そこまで肉薄したなら直接ぶっ叩いた方が早いというのは納得だが




11名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 18:57

そもそも世界が違うからぶつけようがないんでわからんの一言
Gジェネは所詮ゲームの設定でしかないからそこで効こうが効くまいが
原作設定とは関係ないし
VSシリーズはそもそもそういう設定生かしてないから
実弾だろうとビームだろうと普通に効くし




13名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 19:33

原理はさておき一発で集落を壊滅させるんだから宇宙世紀のビームライフル辺りと比べても遜色ないエネルギー量なんじゃね?

しかしライドの獅電がハシュマルビーム直撃喰らった時はそれなりに装甲も傷んだような描写だったが次話以降のランドマンやバルバトスは苦もなく弾いていたのはちとアレだがw




18名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 20:04

鉄血世界では当たり前のように火星に住んでるけど、ファーストの世界では月面都市とコロニーがやっと。科学力が違う。




20名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 20:18

そもそも鉄血関連のビームの設定が無いからなあ

でもマジバトスの戦闘描写やライド機の被弾を見るに受け止めるというかガラコみたいに弾くとか散らすみたいな感じよな




23名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 20:42

GN粒子は防げるのか?
そんなもんもう監督にきいてー




26名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 21:47

ナノラミが銃弾を弾く原理からいくとメガ粒子砲を始めとした荷電粒子ビームは多分全く効かない
レーザービームなら効くだろうけど多分一瞬当たるだけのようなのは無理で少なくとも数十秒は当て続けないと無理
分類的にはビームじゃないが間違いなく効くのはソーラーシステム




44名無しのガンダム好き[] 2016年12月27日 04:12

※26
俺もこの意見に同意なんだよなぁ
大気圏突破で装甲に甚大な損害とコックピットの温度上昇(グレイズリッター一般機)が確認できるから、単純な熱伝導の類いは防げないからくっついて燃焼するだけのナパームや大気圏の断熱圧縮が通用してる訳で
チャドもビームでコックピット内部に温度変化を感じてるし
この理屈ならソーラシステムの類いは防ぎようがなさそう
おそらく荷電してたり質量があるものには反応するはずだから、ビームの類いはほぼどんな種類にも耐性があると考えていいはず




27名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 21:48

そもそもUCとアナザーで火力的にそんなに違うもんなの?
ナノラミネートはあらゆるビーム攻撃を弾く
ではアカンのか?




28名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 21:54

まあ実弾弾いてる時点でビーム側の特性を云々して相殺するタイプの防御ではないよなあ
仮にハシュマルのアレがエイハブ粒子ビーム(仮)だったとして、普通の荷電粒子ビームがナノラミネートアーマーに有効ならそっちが廃れる理由がない
むしろギャラルホルンが虎の子として研究しそう




31名無しのガンダム好き[] 2016年12月26日 22:41

農場プラント吹き飛ばすハシュマルのビームに
紫電でも耐えれるから、よっぽど馬鹿みたいな火力じゃ
無い限り大丈夫でしょ(慢心)




43名無しのガンダム好き[] 2016年12月27日 03:38

防げるだろ、むしろ防げない理由が分からない




59名無しのガンダム好き[] 2016年12月27日 18:03

というかビームって作品ごとに種類違ったのか知らなんだ

ビーム弾けるなら鉄血の機体は防御とんでもなく高いじゃん、すげえ!くらいにしか思ってなかった



45名無しのガンダム好き[] 2016年12月27日 05:16

ナノラミネートアーマーが実弾を防げるのは硬化するほか衝撃を拡散するためであるので、ビームまで同じ理屈で防げるのかな。
一応「鏡面構造を形成して反射する」という設定はあるらしいけど。
MSじゃ普通飛行出来ないつっても、それを平気でやってのけるのがVガンの時代だし、四方八方から飛んでくるビームを避ける連中にハシュマルの攻撃を避けきれないバルバトスが通用するかってーと・・・





【驚愕】Gレコの主人公もの凄い評判悪いけど、作中なにやったか知ってる?

【ガンダム】デルタプラスを語るスレwwwwwwww(画像あり)

【鉄血 35話】ヴィダール達はプルーマの詳細は知ってて言わなかったの?イオクを誘導したのか

ガンダム主人公で言い訳無しに敵を討てる主人公が三日月しかいなくね?

GジェネジェネシスにVとF91が参戦出来なかったのは何故なの?宇宙世紀なのに

【画像あり】新作ガンダムのネタ思いついたwwwwwwwwwww

【鉄血 35話】厄祭戦は主にMSとMAの戦いだったって解釈でいんだよな?

【Gジェネジェネシス】本作の評価は100点満点で採点すると何点くらいなの?

Zガンダムのエゥーゴとかいうよくわからない謎組織‥

【画像あり】武者ガンダムよりナイトガンダムの方が人気あるのはどうしてなの?

【ガンダム】ビームマグナムを撃っても大丈夫そうなモビルスーツ(宇宙世紀以外でも可)

【画像あり】Gジェネシリーズの一番好きなオリジナルキャラを挙げていこう

【鉄血のオルフェンズ】ガエリオを生かしておいたのはマクギリス←この意見どう思う?

コメントを残す

コメント一覧

    • 1. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 18:13
    • ゲームだと軽減系のアビリティになりそう

    • 2. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 18:14
    • サンライズ次第でどうにでも・・・架空兵器だし

    • 3. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 18:18
    • アナザーだからビーム兵器の定義は作品ごとに違う

    • 4. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 18:32
    • 意外と鉄血世界のビーム以外は防げなかったりして

    • 5. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 18:37
    • 1>>
      何故かGジェネ新作だと物理射撃半減効果でビーム属性については一切関係ないよ!

    • 6. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 18:39
    • ハシュマル砲は描写だけ見たらビグザム砲くらいの威力はありそうだったがどうなんだろ?

    • 7. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 18:40
    • >>5
      何故も何も開発側にそこまで情報回ってなかっただけでしょ。
      つい最近明確に描写されたのに入れられるわけがない。
      少し考えたら分かるだろうに。

    • 8. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 18:43
    • 防げるっていっても関節?とか当たったら効くんじゃないの?それとも全体的に無効レベルなの?

    • 9. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 18:51
    • 一言にビームといってもその質は作品ごとに多種多様
      例えばUCのビームはミノ粉をプラズマ化させたもだから
      ミノ粉が無いアナザー世界とは完全に違う

    • 10.
    • 2016年12月26日 18:53
    • 塗装で弾いてるんだから、ちょっと引っ掻いて塗装剥がせば効くんだろう。
      まぁ、そこまで肉薄したなら直接ぶっ叩いた方が早いというのは納得だが

    • 11. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 18:57
    • そもそも世界が違うからぶつけようがないんでわからんの一言
      Gジェネは所詮ゲームの設定でしかないからそこで効こうが効くまいが
      原作設定とは関係ないし
      VSシリーズはそもそもそういう設定生かしてないから
      実弾だろうとビームだろうと普通に効くし

    • 12. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 19:27
    • そもそも鉄血世界のビームってどういう設定なん?

    • 13. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 19:33
    • 原理はさておき一発で集落を壊滅させるんだから宇宙世紀のビームライフル辺りと比べても遜色ないエネルギー量なんじゃね?

      しかしライドの獅電がハシュマルビーム直撃喰らった時はそれなりに装甲も傷んだような描写だったが次話以降のランドマンやバルバトスは苦もなく弾いていたのはちとアレだがw

    • 14. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 19:39
    • ※5
      えぇ・・・

      ※7
      ナノラミネイトアーマーはビームが云々って鉄血放送初期に出た情報だったはず。

    • 15. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 19:42
    • ※14
      スタッフの1人っぽい人が漏らしただけとか言う話で公式情報とかは一切なかったんでむしろビームにはとても弱いと主張する人も多かったぞ

    • 16. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 19:50
    • みんな忘れてるようだが、鉄血世界のオーストラリア大陸には一年戦争でのコロニー落としの穴が開いてる。
      あとは…わかるな?

    • 17. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 20:03
    • ※13
      厄祭戦当時に設計されたMSと、300年後に新規設計されたMSでは耐ビーム特性にも差が出てくるんじゃないの?
      獅電はあくまでMS同士の殴り合い前提でビーム食らうことなんて想定してなかっただろうし

    • 18. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 20:04
    • 鉄血世界では当たり前のように火星に住んでるけど、ファーストの世界では月面都市とコロニーがやっと。科学力が違う。

    • 19. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 20:08
    • ※14
      ビームに強いという振れこみのMSは過去にもあったが、一発くらいなら何とかレベルからそのまま相手にはね返す奴までピンキリだからな
      設定はあっても劇中で描写されるまではおいそれと入れられないだろう

    • 20. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 20:18
    • そもそも鉄血関連のビームの設定が無いからなあ

      でもマジバトスの戦闘描写やライド機の被弾を見るに受け止めるというかガラコみたいに弾くとか散らすみたいな感じよな

    • 21. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 20:32
    • ※18
      空も飛べない程度の科学力がなんだって?

    • 22. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 20:36
    • ※8
      ガンダムフレームの色が変わったりしてるからフレームにも塗装してそう

    • 23. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 20:42
    • GN粒子は防げるのか?
      そんなもんもう監督にきいてー

    • 24. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 20:47
    • ※17
      外装は全部新規で同じもの使ってるはずだから演出の問題かね

    • 25. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 21:38
    • 米16

      初代ガンダムへのリスペクト・オマージュの類ではなく、本当に歴史がつながってるとしたら、オルフェンズのMAはF91に出てきたバグ等の発展形なんかな。

      そうなると、ビームシールドみたいなのも進化して、装甲を強化したり、緩衝フィールドを形成して、MSの異常な頑丈さの原因になってるのかもね。

    • 26. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 21:47
    • ナノラミが銃弾を弾く原理からいくとメガ粒子砲を始めとした荷電粒子ビームは多分全く効かない
      レーザービームなら効くだろうけど多分一瞬当たるだけのようなのは無理で少なくとも数十秒は当て続けないと無理
      分類的にはビームじゃないが間違いなく効くのはソーラーシステム

    • 27. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 21:48
    • そもそもUCとアナザーで火力的にそんなに違うもんなの?
      ナノラミネートはあらゆるビーム攻撃を弾く
      ではアカンのか?

    • 28. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 21:54
    • まあ実弾弾いてる時点でビーム側の特性を云々して相殺するタイプの防御ではないよなあ
      仮にハシュマルのアレがエイハブ粒子ビーム(仮)だったとして、普通の荷電粒子ビームがナノラミネートアーマーに有効ならそっちが廃れる理由がない
      むしろギャラルホルンが虎の子として研究しそう

    • 29. 名無し
    • 2016年12月26日 22:09
    • ※21
      SEEDとか矛盾というか設定が甘いだけなんだよな〜
      三でミノフスキークラフトをようやく小型化できたからVの機体もようやく飛べるようになったって知ってか?
      重力ってわかる?
      普通に考えればMSが空を飛べない・滑空できないのは普通

    • 30. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 22:09
    • ぶっちゃけ、ビーム兵器主流の世界ではどうしようもないよ
      バズーカや実体剣装備して使いこなせるどころか、
      人以上の動きができなきゃハシュマルに勝てないだろうね
      けどあのミカとバルバトス並の動きができる奴は
      それこそもう人間じゃないんじゃないかな…

    • 31. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 22:41
    • 農場プラント吹き飛ばすハシュマルのビームに
      紫電でも耐えれるから、よっぽど馬鹿みたいな火力じゃ
      無い限り大丈夫でしょ(慢心)

    • 32. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 22:44
    • ビームばっかの世界ってそんなにないけどな
      種ですら「ビームだけだと不安だからレールガンのっけとくわ」だし

    • 33. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 23:07
    • ※29
      何でSEEDの名前を出したのか知らんけど
      00やAGEなんかのアナザーでは飛べるMSが割りと普通に出てくるのに
      それら全部の設定が甘いとでも言うつもり?

    • 34. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 23:13
    • アスタロトが飛ぶから飛行MS全否定はブーメランなんだよなあ

      MS全般が飛ぶ世界はそのリソースを他の機能に当てる機種が居てしかるべきだろととも思いはするが…

    • 35. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 23:27
    • サンダーボルトのビッグガンが直撃したらバルバトスだろうが何だろうが木っ端微塵になりそうな描写だよね

    • 36. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 23:29
    • ナノラミを塗ったMSが、出たから、多分実弾になったのでは?

    • 37. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月26日 23:36
    • ※35
      あんま意識しないけど宇宙世紀のメガ粒子砲だっめ特殊粒子を使用してはじめて可能になるキチガイ火力兵器だもんなあ

      戦艦の主砲並みって簡単にいうけど零戦が長門型や大和型の主砲並みの火力有ったら世界獲れるどころの話じゃないわ

    • 38. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 01:22
    • 鈍器持ちMS再評価の流れでお願いします。

    • 39. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 02:32
    • ※18
      火星には大気が有るらしいけど月には無いからじゃないの?
      それに木星圏では水も空気も全部作ってるし技術力自体は宇宙世紀のが高そうじゃね?

    • 40. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 02:49
    • 大人の都合上は防ぐのは無理だな

    • 41. 名無し
    • 2016年12月27日 02:55
    • ※33
      考えてみ
      あれだけの巨大な鉄の塊が翔ぶんだぞ
      推進材・スラスター等の冷却材
      考えたらどう考えても『自力』で飛べるはずがない
      OOは太陽炉の特性があるから飛べる
      AGEはガフラン等なら分かるけど連邦機が飛べるのは謎
      SEED系を引き合いに出したのは
      アイツらが謎技術もミノフスキークラフトみたいなヤツなにし自力で飛んでるから

    • 42. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 03:32
    • ※39
      けど宇宙世紀は木星と言ってもコロニーだし鉄血はちゃんとテラフォーミングしてるからな、Vの時代と同じくらいかな

      ※33
      そうだよ、甘いんだよ
      OOは太陽炉という技術があるけど、それ以外はMSは飛べるみたいな勝手な思い込みをしてるからな

    • 43. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 03:38
    • 防げるだろ、むしろ防げない理由が分からない

    • 44. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 04:12
    • ※26
      俺もこの意見に同意なんだよなぁ
      大気圏突破で装甲に甚大な損害とコックピットの温度上昇(グレイズリッター一般機)が確認できるから、単純な熱伝導の類いは防げないからくっついて燃焼するだけのナパームや大気圏の断熱圧縮が通用してる訳で
      チャドもビームでコックピット内部に温度変化を感じてるし
      この理屈ならソーラシステムの類いは防ぎようがなさそう
      おそらく荷電してたり質量があるものには反応するはずだから、ビームの類いはほぼどんな種類にも耐性があると考えていいはず

    • 45. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 05:16
    • ナノラミネートアーマーが実弾を防げるのは硬化するほか衝撃を拡散するためであるので、ビームまで同じ理屈で防げるのかな。
      一応「鏡面構造を形成して反射する」という設定はあるらしいけど。
      MSじゃ普通飛行出来ないつっても、それを平気でやってのけるのがVガンの時代だし、四方八方から飛んでくるビームを避ける連中にハシュマルの攻撃を避けきれないバルバトスが通用するかってーと・・・

    • 46. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 06:27
    • ※45
      そもそもハシュマル自体が格闘戦でグレイズアインをかなり越えるレベルのフレーム性能と反応性で動いてる上に、鉄血ガンダムフレームに劣らないイカレ馬力でCPU特有の鬼AIMビーム砲の照準を操作してる上に照射ゲロビだからね
      普通にあのビームを完全に避けるのはマブラブのレーザー級を撃たれてから回避しろっていってるのと同レベルだと思うぞ

      多分f91見たいにセンサーを誤認させて機械を騙せるような機能でもない限り、単純は回避運動ではアムロでもビームを防ぐか遮る判断取らざるを得ないと思う

    • 47. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 08:57
    • 普通に弾くでしょ。
      ただし、カメラとか装甲の隙間とか背中とかだったらさすがに効くと思う。

    • 48. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 09:58
    • 待て
      そもそもビームってなんだ!?

    • 49. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 11:28
    • ※47
      獅電は何故か腹のフレームにもビーム受けてるのに無事なんだよなぁ…
      塗料ってぐらいだから案外フレームにもコーティングしてるのかね?

    • 50. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 11:35
    • ※39
      エイハブリアクターは恒星(太陽)にプラントがある設定らしいから、開拓史としては鉄血の歴史の方が先進んでると思うぞ

    • 51. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 12:11
    • 反応性ならニュータイプや強化人間がいるしなあ。
      目視距離外から動きまわるMSを狙い撃ったり曲がるビームをばらまくようなのもいるし。
      マブラブは知らんが言うほどハシュマルのビームは避けるの困難か?

      腹の前に胸の装甲で拡散してるからな。直撃かどうか。

    • 52. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 12:14
    • 極論銃口を相手に向けさえすればいい射撃戦と予備動作の多い格闘戦とを同列に並べて被弾率で単純比較するなんてアンフェアもいいとこだろう
      加速度の乗った質量兵器を叩きつけないと有効ダメージにならない鉄血の戦闘において攻撃動作がある程度大振りになるのは必然でしょ

      回避に専念してたってジリ貧なんだから回避行動と反撃動作はワンセットで論じるべきものだよ
      例えば機体は回避に専念しとけばいいファンネル主体の機体と
      取り回しの悪い大型ライフル車体の機体、
      弾丸をばらまくマシンガン主体の機体
      取り回しの良いビームサーベルメインの格闘機
      大振りにならざるを得ない大型実体剣装備の格闘機
      これらの機体に同じパイロットが乗って同じ被弾率になると思う?

    • 53. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 13:59
    • 富野作品がどれだけ入念に設定考えてるかわかるね

    • 54. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 15:19
    • ※41
      それを言うなら巨大ロボが存在する時点で…

    • 55. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 17:04
    • ※41
      それってほぼすべてのロボ作品に言える事だし、宇宙世紀がミノフスキーがあるから、00が太陽炉があるからの一言で済むなら
      SEEDの世界のスラスターはそういうものなんだと言うことで説明がつくだろ

    • 56. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 17:10
    • >>例えばUCのビームはミノ粉をプラズマ化させたもだから
      >>ミノ粉が無いアナザー世界とは完全に違う
      これの出典確認できる??

      もしくは「複数の粒子で構成される原子とは異なる内部構造を持たない単体粒子であるミノフスキー粒子のプラズマ化」の定義出典はどこで確認でできますかね・・・・

    • 57. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 17:33
    • ミノフスキー粒子が一定以上の密度に到達するとIフィールドを形成するから
      Iフィールドでミノフスキー粒子を圧縮して縮退とかプラズマ化なんかさせようとしても
      Iフィールドでミノフスキー粒子を圧縮すると圧縮されたミノフスキー粒子は
      Iフィールドになってしまうから論理矛盾になってしまうのでヒゲガンダムで修正されてるんだけどね。
      重金属の原子をプラズマ化したものをIフィールドで束ねて打ち出すのがビーム兵器で
      重金属の原子をプラズマ化したものをIフィールドで束ねて相手に斬り付けるがビームサーベル
      ロランがビームサーベルを使用した後に詳細の説明を求められた際に
      グエン卿の台詞に「重金属の粒子を・・・」というくだりが存在する。

      過去作品の内容の訂正は手付かずだからごっちゃごっちゃになってますけどね・・・・・

    • 58. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 17:38
    • ※55
      ミノフスキーや太陽炉は本編で描写されてたけどSEEDのスラスターが特殊なんて説明本編やそれ以外でありましたかね・・・?

      だから設定が甘いって言われるんだよ・・・

    • 59. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 18:03
    • というかビームって作品ごとに種類違ったのか知らなんだ

      ビーム弾けるなら鉄血の機体は防御とんでもなく高いじゃん、すげえ!くらいにしか思ってなかった

    • 60. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 18:47
    • ※57
      Iフィールドはミノ粉を電磁場で整列させたものでしよ
      つーか荷電圧縮して縮退させたミノ粉=メガ粒子を否定しちゃたらメガ粒子砲その他諸々の設定が崩壊するんだが

      グエンラインフォードがそもそもそこまで科学に精通したキャラじゃないから(せいぜいガソリンエンジンを弄れるくらい?)彼の発言を根拠にそんな重要な設定を誤解釈するのはおかしい

      グエンの認識だとそもそもミノフスキー粒子の存在や特殊性を理解してるとも思えない

      ミノフスキー粒子=重金属粒子の一種くらいの認識じゃね?

      だいたいにして髭のビームサーベルが宇宙世紀のビームサーベルから技術的に進歩してないとも限らない
      ミノ粉以上に都合の良い粒子を発見して使用してる可能性も十分ある

    • 61. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 18:49
    • ※55
      その言い訳を劇中で説明無いし設定しているかどうかって事じゃない?
      1stはまず第一にミノフスキー粒子という大嘘をベースに世界観を作ってるし、その嘘に合わせた表現や描写をしている

      まあ、SEEDに限らずそういう描写が足らない作品は少なくないかもね。
      Gとかみたいに突き抜けてれば、そんなの関係ね!ですむんだろうけど

    • 62. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 19:15
    • 1stのミノフスキークラフトはアニメ終了後の後付け設定じゃなかったっけ?

    • 63. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 19:24
    • ※52
      そういう武装の種類によっても運動性の優劣は変わるんじゃないかな・・・

      射撃戦は相手も少ない予備動作で撃ちまくるんだから回避の難しさでは変わらんと思うが。むしろ格闘みたいに動作が大ぶりなら自分も相手の動きを見切りやすいよね。
      そもそもオールレンジ攻撃は他と比べて回避する事自体が難しい。
      圧倒的に多い手数であらゆる方向から攻撃出来る以上、
      少なくとも尻尾を凌げば攻め手がぐっと減るハシュマルと比べれば避けるのは難しいでしょ。
      大体弾幕かいくぐって格闘戦に持ち込むなんて宇宙世紀ガンダムでも普通だし。
      バルバトスがヘボいなんて思わないがいくら何でも大げさ。

    • 64. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 19:54
    • ※63
      反応速度の話だったくね?
      重い、デカい武装を持ったり重装甲にしたりして運動性落ちるのは自明だよ
      ソコをパイロットの反応速度でカバーするシステムが鉄血でいうアラヤシキ
      武装云々はナノラミネートアーマーの設定からして有効な武装が限られるから仮想敵の問題
      どんなに運動性が向上しても相手にダメージ与えられなければ意味ないからな

      ソコら辺の外部状況からくる制約を取っ払って被弾率だけを参考に反応速度を比較しようとしても無意味じゃん?

      紙装甲のスピードキャラと重装甲の火力キャラをダメージ食らった回数で比較するようなもん

    • 65. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 20:16
    • その制約含めてもビームのオールレンジ攻撃避ける方が反応速度高いと思うけどな。基本的に。
      てか武器捨てて素手での格闘戦に持ち込んでもやっぱりバルバトスは被弾してるんだけど。
      パイロットにしてもニュータイプの方がやっぱり反応速度は速いし。

    • 66. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 20:21
    • ※65
      被弾というか、敵の方がリーチが長いから回避行動して間合いが空くとジリ貧→食らいながらインファイトって流れだっただろ?

      ソードメイスでは役不足で捌けなかった攻撃もヘル剣借りてからは完全パリィしてただろ?
      ちゃんと見てたか?

    • 67. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 20:27
    • ソードメイスじゃ威力不足だから借りたんじゃないのか?
      最後は力任せに捨て身の攻撃で大破だよ。

      大体ハシュマルもかなり深刻なダメージを負った後だし。
      というよりあれ使ったら攻撃捌けるならさっさと借りろよって事になる。

    • 68. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 20:31
    • ソードメイスや素手の格闘戦でダメージを与える→弱った所でヘル剣でとどめって流れにしか見えないけど。

    • 69. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 20:35
    • >さっさと借りろよ
      知らんがな

      例えばの話をするよ?
      種運命の悪夢回あるよな?

      被弾回数はシンのインパの方が多いよな?
      でもシルエットフライヤーでカバー出来るパーツで受ける事でバイタルブロックへの被弾を避けてたくさん被弾したのはシンのインパルスだけど撃墜されたのはキラのフリーダムだよな?

      敵への有効打撃を優先してたくさんのカスダメを許容する戦闘スタイルってのは存在するのよ

      いや、悪夢回のインパVSフリーダムが被弾回数少ないフリーダムの勝ちだって主張するのは自由だし好きにすれば良いけどさ

    • 70. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 20:56
    • 知らんがなって、多少のダメージでさっさと蹴りつけられるなら早いとこ使った方がいいし、完全に捌けるならそもそもダメージ覚悟の攻撃もする必要がない。それなのにミカはあんな回りくどいことしてたのか?
      大体インパルスはまとも戦ったら被弾はさけられないから換装機能を活かしてダメージ覚悟追い詰めたんだし。
      ある程度被弾する事は想定していたにしろ、損傷したらすぐには換えの効かないバルバトスがインパルスばりの戦法で戦うのは無理。

      「重い武器じゃないと仕留め切れないけど、身を軽くしないと回避するのは無理」だからミカはあの戦い方をとったんだろうよ。

    • 71. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 21:33
    • >インパルスばりの戦法で戦うのは無理。
      いやいや、まさにやったって話だからね?
      ダメージもらうの前提で相手により致命的な攻撃をするって戦闘スタイルは別にインパに限った話じゃなかろう
      1stだってフリーダムだってラストアタックは食らいながらだからね?

      ってか比較対象はなんなのよこれだけバルバトスの被弾を指摘してるんだから無傷でオールレンジ攻撃捌いてるんだろうな?

    • 72. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 21:44
    • ※55
      だったらナントカ粒子とでも設定に名前つけてこれが空飛べる理由だぞとでも言えば設定が練られてることになるのか?SEEDの世界はそういう鉄の塊を飛ばす技術力があるってだけで別に良くね

    • 73. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 21:47
    • 安価ミスだわ
      ※55➡※58

    • 74. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 21:49
    • ファーストや00はそういう細かいことめんどくせーから便利設定付けただけで設定がよくできてるとは思わんけどなぁ
      分かりやすくて見る分には良いけど

    • 75. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 21:57
    • ※41
      種の機体が飛べる理由?
      出力がめっちゃ高いから飛べる、航空機能のあるバックパックつけてるから飛べる、技術の進化ですごいブースターつけてるから飛べる

      むっちゃ分かりやすいやん

    • 76. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 22:01
    • 便利設定無しで飛ばれると装甲は薄くなるしペイロードはおさえなきゃならんし機動性にまわせるはずだった推力の大部分を浮遊する事に使うはめになるし何故飛ばしたし、となるのは解る

    • 77. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 22:08
    • 捨て身の攻撃は何かしらの策があるか、一撃で相手を仕留められる確信がない限りしないよ。もしくは完全な賭け。
      アムロはきちんと計算した上での行動だし、キラのは多分に運要素を含んでる(これだってプロヴィデンスに十分ダメージ与えてからだし)。

      ヘル剣使うまでのバルバトスの攻撃は足を狙ったり装甲剥がしたりと、その後のでかい一撃の為の布石だよ。
      深刻なダメージを負ってるのはむしろバルバトスの方で、明らかに捨て身で致命傷を狙ったものじゃない。
      というより素手でも致命傷与えられるならなんで馬鹿でかい剣なんかわざわざ使うんだよ。

    • 78. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 22:15
    • 素手で致命的な攻撃が出来るなんてレスしたかなあ…?
      ヘル剣で尻尾ブレードを捌いて押し返したシーンがあるのは事実だし、三日月が我が身を顧みないのはそういうキャラだからでしょ

      ほら、比較対象になるオールレンジ攻撃を被弾しないで捌いてるシーン挙げてみ?

    • 79. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 22:21
    • そーか、AGE-1のドッズライフル、ビームが螺旋になれば貫通力増すってのは、あの世界の特殊なビーム粒子だからできたことなのか。
      なんか納得した。
      でなきゃ完全にビームを弾いていて欠片もダメージなかったのに、いきなり貫通するほどのダメージ力が出るはずないもんな
      あれ?でもメガ粒子ってどっかで書いてあったような・・・

    • 80. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 22:31
    • ※78
      そっちの意見じゃあの一連の戦いでバルバトスは捨て身の攻撃で致命傷を狙ってたんじゃないの?
      ヘル剣を使う頃にはハシュマルは相当ダメージを負っていたし、捌けるなら最初から素直に使ってるじゃん?知らんがなってしらばっくれてるけど。
      三日月はいたずらにリスキーな戦い方はしないけどな。我が身を顧みない戦い方をするのは勝算があるからで、少なくとも中途半端に特攻まがいのことなんてしない。

    • 81. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 22:32
    • ググれ
      共振粒子がどーのーこーのと書いてあるわ

    • 82. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 22:35
    • ※80
      蓄積していく有効ダメージと致命傷はまた別モノでしょ

      >我が身を顧みない戦い方をするのは勝算があるからで、少なくとも中途半端に特攻まがいのことなんてしない。

      そーね

    • 83. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 22:55
    • 有効打を積み重ねていく上で避けきれずに被弾していったならわかるけどあれが捨て身の攻撃なら半端な攻撃でいたずらにダメージを負ったとしか言えない。

    • 84. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 23:11
    • だからさー
      格闘戦と射撃戦は自機の状況も敵の状況も違うんだから単純比較なんて無理だって

      オールレンジ攻撃を無傷で乗り切れるパイロットの格闘戦闘の中からバルバトスと似たようなシチュエーションで戦ってるシーン抽出して条件揃えて比較しようぜ

      バルバトスは具体例を提示してるのにオールレンジ攻撃がどうのってのの具体例が出て来ないから主観対主観の水掛け論じゃん

    • 85. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 23:25
    • オールレンジ攻撃って大体射撃戦と格闘戦を織り交ぜての波状攻撃なんだけどな。キュベレイ然り、ゲーマルク然り、ゲンガオゾ然り。
      格闘してたら後ろからビームでズドン、というパターンは珍しくない。
      こんなだからバルバトスとハシュマルの条件にそっくりな例ははっきり言ってない。

    • 86. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 23:29
    • オールレンジ攻撃を無傷で捌けるパイロットの別戦闘から比較に適したシーンを抽出すればいいよ
      それと同レベルの反応速度だと証明出来ればおそらく三日月もオールレンジ攻撃を捌けると推測できるよな?

      で?具体的にオールレンジ攻撃を無傷で捌けるパイロットって誰よ?

    • 87. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月27日 23:42
    • 鉄血世界にはオールレンジ攻撃そのものがないんだからなんとか条件揃えて比較するしか無いだろうがー

      具体的には誰だよ、その世界の一般的なMSならどれくらいの数同時に相手出来ればオールレンジ攻撃を捌ける可能性有るんだ?

    • 88. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月28日 03:25
    • なんかオールレンジ攻撃至上主義みたいな流れになってるなぁ・・・
      俺※46でハシュマルのビームが避けるのはかなり困難じゃないか?と推測したけどさ
      たかが宇宙空間でMSに遥か劣るアポジモーターで姿勢制御しなきゃいけない前提のファンネルと、化け物みたいな馬力と生物のような柔軟性を発揮するフレームと機械そのもの処理工程の少なさ故のNTにも勝るとも劣らない反応性
      これらの要素で単純にオールレンジを引き合いに出しても脅威のタイプが全然違くないか?
      物に命中させる条件として色んな角度から数撃ちゃ当たるってのももちろんだけど、砲門数が一個だからそれに劣るってのは違うと思うぞ
      ようは砲台としての性能が段違いでは?って話し、上でフレームの馬鹿力と近接戦で精密な制御が可能で尚且つ反射神経+長時間照射が可能な面を挙げている理由は接近戦だけの事を指してるんじゃなくてさ
      大きな砲台を支え押えつけたり発射したまま振り回す偏差修正するパワー、それをコントロールする精密性と反射性能、基本的な砲台にとって必要なステータスが高いんだよ、それこそMSより部品の拡張域食ってるMAなのに小型で軽いはずのMSとほぼ同レベルの運動性とそれ以上のパワーを持ってるわけで、それは格闘戦だけじゃなく自然と射撃性能にも直結してくる

    • 89. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月28日 04:40
    • ※88
      修正
      宇宙空間でMSに遥か劣るアポジモーターの数と性能で姿勢制御しなきゃいけない前提のファンネル単一と

      って意味でたかがファンネルって意味ね
      ファンネルのその後って戦術の確立とか、量より質的な性能の主義みたいなのに圧迫されて衰退していったわけでさ(富野が作劇上ファンネルはマンネリ云々ってのはこの際抜きにしてさ、ガデラーザみたいなのが最適解になっちゃうし)
      なんだかんだ単一の移動砲台としても高性能化していったMSにブームを流されていったりして、結局その制約の多さを普遍的には克服できなくて廃れていったと思うんだよね
      航続距離の問題だったり、狙い置きしないとMSや艦船についていけない速力の問題だったりいろいろあってそれらを克服しようとしたシリーズも開発はされたけど、マザーファンネルとチルドとかファンネル自体のAMBAC化とか
      それらが源流となって大きく残った子孫のオプションはほとんどMS単一の性能追求の前に大きく生き残れなかったわけだし
      ようは標的の空間把握能力を物量する時代は終わってAIM性能時代がそれを凌駕して突入したというか

    • 90. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月28日 05:08
    • 反応速度を知りたいなら必ずしも同じような戦闘シーンでなくてもいいじゃん。
      ビットの波状攻撃を避けれるのはアムロやジュドー、ウッソだけれどオールレンジ攻撃以外ならシャアは飛んでくるビームを横合いから狙撃している。ウッソはリグ・コンティオと混戦の最中に後ろから撃たれたビームを振り向きざまに撃ち落としてるし。

    • 91. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月28日 06:45
    • ※90
      でも似たようなシチュエーションの方が比較しやすいのも事実だ
      ならアムロやジュドー、ウッソに匹敵する反応速度が有ると類推出来るシーンが有ればおそらく三日月もオールレンジ攻撃捌けるだろうと類推可能だな

      その3人だと一般的な兵士を同時平行で何体同時に対応可能なんだ?

    • 92. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月28日 07:24
    • うーん、どうにもガンダムだとオールレンジが神格化される傾向にあるなぁ・・・本家でも廃れていくことがマイナーな立ち居地にいるせいか?
      反応速度のステータス単体を指して考える問題じゃないと思うんだが

    • 93. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月28日 08:50
    • オールレンジ攻撃はほぼビーム兵器だし形態的にどうしても出力が絞られるから鉄血MSから見たら産廃もいいとこだけどね

    • 94. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月28日 14:06
    • ※85
      それをオールレンジ攻撃っていったらハシュマルとインファイトしてる事自体が格闘攻撃の波状オールレンジ攻撃扱いになるだろ

      MAの懐に入る=MSの近接レンジ圏内=尻尾がインファイトに入った敵を足と挟撃する為に使ってるわけだから

    • 95. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月28日 14:24
    • そもそも近接しかやってない鉄血がオールレンジを乗り切るNTより反応速度が劣るとか言い出したら、そもそも宇宙世紀で殴りあいなんかにならないだろ
      上で大降りになるから所詮はトロい戦いっていうが、いい加減フレーム性能も視野に入れて理解を進めてから論じたほうがいいだろう

      いくらパイロットの反応差が僅差だとしても、今度は機体自体の反応性と、それを稼動させる駆動系の制御の精密さと動きを支配する馬力で総合の反応レスポンスになるんだからさ
      鉄血は駆動系の制御システムはどうか解からんが、すでに駆動系の馬力の高さは明白だし、阿頼耶識を最大限効果的に運用するための設計がガンダムフレームらしいから
      瞬発力を含めたパワーをコントロールするためのインターフェースとそれを前提としたフレーム設計ってぐらいだから、NT専用機に乗り手のレッテルを前提とした運用設計で劣ることはまずないだろう

    • 96. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月28日 16:37
    • ニュータイプがピキーンして相手の行動を見る前に行動するのを“反応速度”と見るのかって事だよなあ
      それを加味するなら神経直結の阿頼耶識より早くても全然不思議じゃないんだが、でもそれってベテランの経験で相手の行動を先読みするのとどう違うのってのが有るからなあ
      相手の行動を読んで機先を制するのと見てから昇龍余裕でしたってのは似て非なるものだよな

      まあ何にしろスレタイから逸脱しすぎ

    • 97. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月28日 18:42
    • 反応速度が早いからガンダムは壊れてユニコーンやF91にはリミッターが付いたんだけどな。

    • 98. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月28日 20:35
    • 反応速度で壊れるって割と意味不明なんだよ
      まあ行間を読めば(反応速度が速い結果として)ターゲティングの変更が速かったりアクロバティックな軌道変更を行ったりで壊れてるんだろうけど

      でもどれくらいの無茶が利くかはフレームをはじめとした各種パーツがどれくらい頑強に作ってあるかによって変わるから別の機体に乗ってる時に比較の基準にはならないわな
      鉄血のMSフレームは特に言及が有るくらいに頑強なわけで、それが壊れる位の反応速度が出たって事に仮になったら宇宙世紀で反応速度過多で機体を壊すよりだいぶ異常な事

    • 99. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月28日 22:43
    • ガンダムが壊れたのはアムロの操縦に操縦系統と駆動系がついていけないからであってフレームの強度の問題じゃないんだよな。
      どれだけ丈夫に作ろうとロスが多くなれば結果的に反応速度は遅くなる。

      アムロがガンダムをオーバーヒートさせたのは当時の技術水準では普通起こり得ないことだし、ニュータイプが驚異だったのは反応速度に加えて簡単な予知や敵を察知する能力がずば抜けて高かったから。
      普通のベテラン兵が経験から相手の動きを読むのに対して理屈抜きにどう行動するか分かるのがニュータイプ。

    • 100. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月28日 23:15
    • 操縦系統はともかくとして駆動系がついていけない結果オーバーヒートって原因と結果がちぐはぐだなあ
      駆動系や推力系はパイロットに応えて十分機能していたのにそこまで激しくエネルギー消費するような使われ方を想定していなかったがためにエンジン回りの冷却機能が貧弱だった→オーバーヒートというのが正しい解釈かな
      関節周りをマグネットコーティングすることで解決したって設定も嚙み合うし
      どっちみち機体からすればパイロットがニュータイプ能力によって激しい軌道をしようと経験による先読みをもって激しい軌道をしようと結果は一緒なんだけどね

    • 101. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月28日 23:36
    • 実際はエンジン周りはノータッチ、改修したのは操縦系統と関節や可動部などの駆動系。
      その中心となったマグネットコーティングも関節の摩擦を減らして駆動速度を上げるためのものだからアムロの操縦速度についていけない→操縦系と間接部に負荷が集中してオーバーヒートが正しい。
      冷却機構に関しちゃ触れられていない。

      そもそもニュータイプ級の反応速度は作中では単純に経験を積んだ所で実現出来ないからあれだけ注目されてるんだけどな。
      経験を積んだというだけでは説明しきれないからニュータイプか?ってなるわけで。

    • 102. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月28日 23:54
    • 間接部に負荷が集中してもオーバーヒートは起きないですたい…
      駆動系が焼け付くことをオーバーヒートって呼んでるの?
      関節が軽くなれば結果として消費電力は減るから一応オーバーヒート対策にもなるよ、反応も上がるし一石二鳥だから特記したんだろうけどオーバーヒートが起こった結果の改修で冷却系触らないとかありえないでしょ
      つーか冷却系の能力不足でオーバーヒートなんて実際にはほとんどなくて
      冷却系に負担掛かり過ぎて故障→冷却系全とっかえが普通の症例だから二重の意味で有り得ない…

      操縦系統に負担がかかってオーバーヒートは輪をかけて意味不明ペダルがクランクやギアにつながってるとでも思ってるの?
      普通に考えて電子制御でしょ与えられた命令が処理しきれないうちに新たな命令や矛盾する命令が次々と入力された結果エラーを吐いてるとしか思えない

    • 103. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月29日 02:16
    • ※98
      これな
      ハシュマルとの戦いをみるに宇宙世紀のMS戦とは比べ物にならないレスポンス速度で回避行動と攻撃行動のギュウギュウ過密スケジュール組まなきゃいけないわけで
      ようはいくらNTが先読みできるとはいってもそれは将棋で言うところの塾考によって閃く起死回生の一手のような重要な局面を覆す類いのもので
      あらゆる行動一つ一つの休みない応酬に対して常に予測が走ってる類いの所謂現実時間を一切見てないor見ることができないタイプの未来視とは違うわけで
      ようは超反応と違ったインターバルが多い
      例えるならドラゴンボールでオラオララッシュ的合戦してるのが肉体能力が追い付いてる上での超反応合戦、超絶劣化版だけどハシュマル戦はこの類い
      RX-78は少なくてもこういう負担についていけなかったってことだな
      アラヤシキ前提で設計されたフレームがそれ以上のパフォーマンスを発揮してても全くおかしなことはないわけで、というか耐久性なら歴代でも上位だろう
      グシオンなんか小山並みのデブリをハンマーで完全に粉々にしても不調なしとかGガンでも滅多にやらないレベルの負荷かけてるし、パイロットの反応性に徹底的に堪えられる設計としてNT専用機以上の反応性を発揮してても不思議ではない

    • 104. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月29日 05:12
    • モーターが焼け付くこともオーバーヒートって言うんだけどな。
      てか操縦についてこれず可動部の摩擦などの抵抗が大きくなる→モーターや操縦系がオーバーヒートなんだから過熱の原因は機械的摩擦。
      マグネットコーティングでそれを打ち消す事で過熱問題もクリアしてるんだが。
      大体冷却系いじった所でスピードが遅いのはどうにもならない。

      ※103
      ニュータイプの先読みは経験や予測によらないって知らないのかな?
      オールレンジ攻撃もあらゆる方向から絶え間なく飛んでくるビームに対応する事を迫られるんだが。本体ももちろん攻撃して来るし。
      少なくとも尻尾攻撃よりは避けづらいだろ。

    • 105. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月29日 11:54
    • ※104
      上で、砲門の数が多く多角的な条件だけが高度な射撃か?と問題提起されたわけでそこを摘めていかないとオールレンジ信仰を前提とした論として乗っかりづらいんだよなぁ…その話

      あとあくまで将棋の話はインターバルとしての例として上げたまでで、
      NTの未来視のタイプが経験と頭脳によるものって結論は書いてないからそこの認識は改めて欲しい

    • 106. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月29日 12:05
    • それと射角が直線な事としなりや幅もファクターとして加えないと断言するには根拠がまだ薄いでしょう<尻尾と足
      宇宙世紀は最終的にオールレンジ主流からは脱却してるし、なにより時代を越えて白兵戦に転がり込む兵器がMSな訳で、そのレベルに達しているならオールレンジを凌ぐ性能や技量や才能に到達してないとする論のほうが不自然ですらある

    • 107. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月29日 12:12
    • アホかと
      オーバーヒートを起こしたのがエンジンだろうとモーターだろうと、オーバーヒートを起こしたからには冷却系は改修されるよ
      オーバーヒートが起きた機械を直すのに冷却系をノータッチって自分で書いてて違和感を感じないの?
      オーバーヒートを起こした以上ノータッチなんてありえないんだよオーバーヒートが起きたことで冷却機関はダメージを負うし、それは冷やすだけじゃ回復しないんだから
      冷却力のキャパが増えれば安全に使用できるエネルギーの量が増えるんだから必然的に速くなるとも
      モーターにせよエンジンにせよ摩擦熱でオーバーヒートするなら内部のギアであってギアより回転数の劣る関節部に摩擦軽減の細工をしたところで負担軽減以上の意味はないよ
      つーかもう完全に“油をさす”のカッコイイ言い方、みたいな理解なの?>マグネットコーティング

    • 108. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月29日 15:12
    • ムーバブルフレームの類似品であるフレーム構造と材質として特筆すべき堅牢さが明記されてるレアアロイフレーム採用の鉄血MSと、モノコック構造のRX78で較べるのが間違い

      軽自動車をオーバーヒートするまで無茶させるのとスポーツカーがオーバーヒートするまでぶんまわすような場合とはまるで状況が異なる

    • 109. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月29日 17:55
    • ※107
      だから冷却機構いじらなくても過熱しないように抵抗減らせばオーバーヒートしないだろ、て理屈なんだけど。
      傷んだ部品を替えるくらいの事はしただろうけど冷却機構を改修したところで部品同士の抵抗っていう根本的な問題は解決しないし。スピードアップというよりはせいぜいオーバーヒートしにくくなる程度。
      実際摩擦減らしたら大幅に反応速度が上がったってことになってるのに何でそれを否定するの?

    • 110. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月29日 20:34
    • 重力下でガションガションやってる時に問題無くて宇宙に出てからどれだけ酷使したところで摩擦で間接がイカれるなんて考えられないもの。
      宇宙で問題が起きるとすれば大気が無くなった事による排熱不良

    • 111. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月29日 22:56
    • コロニー内だけどテキサスで戦ってるときからガタはきてたけどね。
      また宇宙に上がって以降、地球で戦ってる頃に比べてアムロの能力が急速に伸びたのが原因なんだけどな。

    • 112. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月29日 23:11
    • 間接への負荷が重力下より宇宙で上がるなんて事10倍速で動いたって有り得ないよ
      MSの熱交換サイクルについて具体的な設定は無いけど、地上用と宇宙用の両方が有って
      宇宙用の熱交換器のキャパが宇宙に戻った頃には不足してたんだろう
      マグネットコーティングによる負荷軽減で解決したのはあくまで熱の発生量が減って宇宙用の熱交換器のキャパに見合う量になったからで、宇宙戦闘メインになってから重力下以上の負荷が間接に掛かるなんて考えられないよ

    • 113. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月29日 23:28
    • じゃあ聞くけど、MSの間接に掛かる負荷で、重力下で発生する自重以上の負荷をなんか挙げてみろよ
      敵MSとの格闘とか言うなよ当然重力下なら格闘戦+自重が負荷として掛かってるし、それに戦闘で間接がイカれたならそれは能力向上とか以前に戦闘による故障だろ

    • 114. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 00:16
    • いや、実際に宇宙に上がってからの方が負荷がかかってるから。
      繰り返すようだけどアムロの要求通りの速さに動けない→抵抗が発生してオーバーヒートが件のトラブルの原因。
      地球にいた頃はまだアムロの操縦がガンダムの反応速度の許容範囲内だったからオーバーヒートしなかっただけ。

      熱交換器のキャパシティがどうとか勝手な思いこみで話を進めるのはやめてもらえませんかね・・・

    • 115. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 00:34
    • 多くの砲門を同時に制御して全方位から攻撃するのは十分高度な射撃ですが。

      そもそもビットは小型な分MS程のパワーがなくても十分な運動性を確保出来る。的が小さいから単純に迎撃も難しいし。
      射角も無線式ならあらゆる姿勢をとることができるのだから少なくとも尻尾ソードよりは不自由しないでしょ。しなりは刃の部分はほぼない。
      大体銃よりナイフの方が避けにくいなんて聞いたことないっすけど。
      しかもビームは撃たれた後に回避するのは不可能なんだからなおさら避けにくい。

      ビットが減ったのは動かせる人間がほとんどいない、もしくはコンセプトの問題であってオールレンジ攻撃が通用しなくなった訳じゃない。そこんとこ履き違えてない?

    • 116. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 00:50
    • 理解する気ないだけだろうとしか言えんなあ
      蒸気機関発明以来あらゆるモーター、エンジンには熱を逃がす機構が有って、オーバーヒートってのはその能力の不足によって引き起こされるもんなんだが
      オーバーヒートしました→冷却機構が弱いか故障したんだねってくらい自明なこと

      どっちみち何故故障したかってーとガンダムの性能が不足していたからで例えば乗っていたのがzやνならオーバーヒートなんて起きなかった
      つまりガンダムじゃない別の機体に乗ってるパイロットと比較する際にガンダムがオーバーヒートしましたって事実は何の基準にもならない

      まあRX78より明確に性能が落ちる機体との比較なら参考になるかな程度

    • 117. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 01:06
    • オーバーヒート解決するのは何も冷却機構だけじゃないってことにいい加減気付いた方がいいと思うよ。


      ガンダムが作られた当時は普通の人間が操縦してもオーバーヒートなんて起こらない。その中でアムロはそれを引き起こしているんだから少なくとも常人より遥かに反応速度が速い証拠にはなる。

    • 118. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 02:20
    • いやだからー
      重力下での自重以上の負荷なんざ旧ザクばりにタックルで戦ったりしなけりゃ宇宙で発生するわけないんだよ、ブースター噴かしまくって推力系に負担なら解るよ?

      無重力でライフルを振り回したってせいぜい慣性の力が掛かるくらいだろうが
      技量が上がって発生熱量が増えました、おり悪く宇宙に戦場が移って宇宙用の排熱機構はそれに追い付きませんでしたでFAなんだよ

      地上用と宇宙用の排熱機構が併用なわけないのは理解できるか?

    • 119. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 07:20
    • だから姿勢制御の為にかなり高速で手足を動かしたら速さに追いつけずオーバーヒートしましたってことなんだよ。
      通常起こり得ないことがおきてしまったからあれだけ深刻な問題として扱われたんだろうが。

      熱の発生源を断てば冷やさなくてもオーバーヒートしないって分かる?さっきから排熱出来ないからだって勝手に理由こじつけてるけど。

    • 120. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 08:32
    • ねーよ
      無重力下でどれだけ高速で手足を稼働させても重力下で普通に歩くより負担は少ない

      宇宙飛行士が筋力を維持するためにどれくらいの筋力トレーニングしてるか知ってる?
      それでも帰還後は歩くのがやっとって程度に筋力が落ちるとか聞いたことない?

      宇宙に上がった後にどれだけ目覚ましい技量のアップがあってANBACの使用頻度が上がっても間接部に直接負担が増えるなんてあり得ない
      排熱が追い付かずに熱ダメージが蓄積するくらいしか考えられないし実際オーバーヒートだって書いてあるだろ?

      それともANBACを多用したことが原因の金属疲労だって明記されてんのか?

    • 121. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 08:55
    • 宇宙飛行士はそもそもMSみたいに激しく動かない(動けない)。
      何度も高速で動かせば無重力でも関節のような可動部品は壊れる。
      関節に直接負担がかかったからマグネットコーティングで干渉を減らしたって解決したのはしっかり描写されてること。本編の内容を無視しないでよ。
      熱ダメージが蓄積した原因に何で目を向けようとしないのかな?
      マグネットコーティングが負担の軽減のみで根本的な解決にならないのならあそこまで有効とは言われない。それこそ冷却機構の専門家も呼んで改修しろよと。

    • 122. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 09:29
    • だからあー
      高速で動かすにしても重力下の十倍速で動かしたって重力下以上の負荷にはならないから
      宇宙に戻ってからの方が高速かつ頻繁に使用してても稼働による負荷は減ってるんだから

    • 123. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 09:30
    • 重力下に用いてる熱交換器と宇宙用に用いてる熱交換器のキャパが違うとしか考えられないんだって

    • 124. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 09:35
    • 宇宙ではどんなに速く動かしても重力下以上の不可にはならないだの、熱交換器のキャパシティだのはあんたが勝手に思いついたことだろ。根拠にならない。

    • 125. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 09:48
    • 重力下で如何に自重による負荷が掛かってるかなんて人型兵器最頻出くらいの話題だっつーの
      宇宙での排熱問題だって散々語り尽くされてるわググれよマジで

      仮に稼働による間接へのダメージで壊れたなら間違いなく重力下で戦ってた頃のダメージで、宇宙に上がってからアムロの技量向上によって問題が起きたならそれは排熱が追い付かない結果として起きたトラブルだ、熱の発生源は間接の摩擦熱だったんだから記述とも矛盾しねーよ

    • 126. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 10:18
    • ガンダムのように宇宙でも地上でも運用する事を前提とした兵器なら宇宙ての熱対策もまずされてる。
      地上で戦う頃と比べて極端に過熱しやすくなるならまず使えない。速さ云々以前の問題だよ。

      大体地上での戦いですぐにオーバーヒートするくらいダメージが蓄積したならまず関節ごと交換するって。何の為に常日頃整備してるんだか。
      そもそもモスク・ハンとしてはマグネットコーティングの実験データがほしいのに冷却機構までいじったら正確なデータとれないし。

      オーバーヒートしたのは事実だが、そっちの冷却機構のポテンシャルアップで解決したって主張はおかしいと言いたいのよ。熱の発生源である摩擦はどうやって発生したのか考えてみ。

    • 127. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 10:28
    • 冷却機構のポテンシャルアップで解決した?
      ちゃんと読めや冷却機構のポテンシャル不足で問題が起こったって書いてあるだろ

      常道から外れて熱源の発生率だけ弄って解決したとしても
      それは排熱機構の不備を他で補ったに過ぎないの
      無重力下で重力下以上の負荷が間接に掛かったなんて無茶は通らねーよ

    • 128. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 10:38
    • 速すぎてスピードが限界に達する→摩擦で関節に負荷がかかる→熱がこもってオーバーヒートがトラブルの詳細。
      熱源さえ無くなれば冷却機構を改良しなくても問題無いんだけど。過熱しないのに冷却機構までいじる意味って何?

      それに関節に負担がかかる原因はアムロの反応速度によるもの。地上にいた頃から宇宙以上の負担がかかったのならアムロは早々に遅いってぼやいてるよ。

    • 129. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 11:00
    • 反応速度だけで掛かる負担なんて重力下での自重による負荷と較べたら微々たるもんだって何度も書いてるでしょ?

      大人の平均体重60Kgとして足1本30Kg

      30Kgのダンベル振り回してびくともしない間接が手ぶらで多少高速で振って痛めるか?
      何倍速で振れば痛めるのよ
      人間大にスケールダウンしてもそれだぞ?
      巨大化すればするほどこれらの数字は3乗倍されてくんだからな?


      遅いと感じる→常に最高速度で稼働させていることと、最高速度で稼働させ続けたらオーバーヒートする事はまた別問題なの、最高速度で稼働した時に発生する熱量に見合う冷却機能があれば良いだけ、だって限界以上の速度が出てるわけじゃないからな

      宇宙で限界の速度で稼働させても重力下で普通に稼働させる以上の負荷なんて発生しないの
      なら宇宙用のなにかが地上用のなにかに較べて性能が劣ってるとしか思えないの、結果がオーバーヒートなんだし宇宙で排熱するのは結構な難題である事は散々既出なんだよ普通に考えて性能が不足してるのは宇宙用の熱交換器なの

    • 130. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 11:11
    • あんたが書いたとおり人間サイズでは多少素早く手足を振っても平気だけど、十倍にもなると手足振り回すだけでも関節には結構負担かかるんですが・・・

      最高速度出し続けても抵抗熱が発生しない、もしくはし辛くなれば冷却機構いじらなくても結果的にはオーバーヒートしなくなるよね。
      まあ、マグネットコーティングはスピードも大幅アップしたんだけども。

      宇宙での熱問題を語るなら、排熱だけじゃなくて如何に熱を発生させないかも重要なんだけど。

    • 131. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 11:20
    • はいはいじゃあ“無荷重で関節を痛める”ような速度の10分の1で30Kgのダンベル持って飛んだり跳ねたり走ったりできるんだな?
      人型兵器で自重による負荷が話題になるのは
      大きさが10倍になれば高さ10倍横幅10倍奥行10倍で重さは100倍になるからだけど
      “無荷重で関節を痛める”ような速度の10分の1で300Kgのダンベル持って飛んだり跳ねたり走ったりできるんだな?

    • 132. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 11:25
    • 形そのままにスケールアップするなら体積(重量)は1000倍のはずでは?
      関節などの断面積は100倍にしかならないから単純計算で荷重は10倍になるんじゃあ・・・

    • 133. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 11:31
    • だから30Kg→300Kgでしょ?

      ゴメン100倍は誤字だわ正しくは
      高さ10倍横幅10倍奥行10倍で重さは1000倍ね
      指摘感謝

    • 134. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 11:43
    • 正直、ダンベルがどうとかは言ってる意味がよくわからないが・・・
      手足振り回すだけでも荷重はかかる。これは宇宙だろうが地上だろうが同じ。
      人間だって素手でもあまり無理して動かすとそのうち関節は痛くなるしねえ。
      MSが耐えられるのはそれだけ頑丈だからだけど、かかる負担は人間の比じゃないし。
      少なくとも人間だと平気だからとかは理由にならない。

    • 135. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 11:49
    • 荷重には人間では考えられないほど頑丈で摩擦には人間だと考えられないくらいに脆いの?
      自分で言っててものすごく恣意的だと思わない?
      現代の技術で作られたブランケットでもそんなことにはならねーよ

    • 136. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 11:53
    • 摩擦だとかの抵抗も人間よりゃ大きいよね。そりゃ無視出来ない負担になるわ。

    • 137. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 11:55
    • あんたの頭の中ではMSの関節は蝶番なのか
      油圧シリンダーとかベアリングとか聞いた事ない?
      つい1レス前の字も読めないの?
      現代の技術で作られたブランケットでもそんなことにはならねーよ

    • 138. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 12:02
    • 人間より摩擦に弱い何て一言も言ってないんだけどな。
      人間よりずっと大きな摩擦や抵抗は発生するとは書いたけど。

    • 139. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 12:12
    • だから排熱の問題でしょ?
      摩擦そのものじゃなくて摩擦熱の問題なんでしょ?
      金属疲労じゃなくてオーバーヒートなんだろ?
      排熱機構に負担がかかるくらい高速で四肢を動かしました、関節部へのダメージは熱ダメージです冷却機構が貧弱なために問題が起こりましたが熱の発生率を抑える処置で対処できました
      なんかおかしいか?

    • 140. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 12:18
    • おかしい。
      冷却機構云々よりは関節の摩擦が大きくなってオーバーヒートが発生してるから。
      排熱が追いつかないより摩擦で熱や機械的な負担が発生している方が問題。

    • 141. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 12:29
    • だから無重力下で最高速で動かしたってモーターが焼けるような負荷掛かんねーよ
      重力下で稼働させるときにとんでもない荷重がかかってるってさっき話したところだろう速さだけでそれ以上の負荷掛けるなんて最高速度で何十時間かかっても無理だっつーの
      負荷は減ってるのが大前提でにもかかわらずオーバーヒートって結果が出てるから排熱の問題
      何が違うって地上での排熱と宇宙での排熱の違いですって話だよ

    • 142. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 12:39
    • 無重力だろうが重力下だろうが同じ早さで動かしたら発生する抵抗は同じだろ。
      宇宙に上がってからはより速くなって耐えきれなくなったと。速いってことはそれだけ負担も抵抗も大きくなるってことだからね?

      排熱の問題が直接の原因ではなくて関節に負荷がかかってしまうのがオーバーヒートの根本的な原因なんだけど。
      何で冷却系だけの問題にすり替えようとするのかな。

    • 143. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 13:00
    • いやだから関節への負荷だったら疑いようもなくどれだけアクセル一杯ぶん回そうと重力下の方がかかってるの
      それはアムロの技量云々じゃなくて動作の激しさに加えて自重による荷重がかかってるから。
      自重による荷重に匹敵するような負荷が無重力下アクセル一杯ぶん回すことで生まれるなら、重力下では超々々々々安全運転だったことになるの
      車が道路を走ってる時よりニュートラルで空回りしてるだけの時により負荷がかかってるって言ってるんだよあんた
      関節に(排熱が追い付かずに熱による)負荷が掛かっていますって話よ

      一度書いただろう
      MSの間接に掛かる負荷で、重力下で発生する自重以上の負荷をなんか挙げてみろよって

    • 144. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 13:19
    • 有り得ないもクソも実際に負担がかかったじゃない。これ以上動けないってとこまで引っ張ったんだから。

      大体地上ではことごとく攻撃を避けれたのがブラウ・ブロあたりからもう精一杯になってる以上、地上と比べて明らかにより激しい機動をとってる。
      おまけにアムロはただ単にアクセル全開で動かしてたわけじゃないし。
      えらい速さで姿勢制御や回避する為に機体を動かしたから負担がかかったんだけど。

      それから関節の駆動速度が限界→摩擦や抵抗で熱がこもってオーバーヒートね。排熱以前に物理的な干渉が原因だから。

    • 145. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 13:25
    • 宇宙空間でANBACを求めて四肢を屈曲させるのに発生するシリンダなりシャフトの抵抗なんて現代の技術で作られた製品でも誤差ですむ程度だろ

      地面を蹴って自重を押し出すことに勝る抵抗のある摩擦って何さ
      それ関節の部品じゃないだろ常識的に考えて
      曲がっちゃいけないところ曲がってますよアムロさん

    • 146. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 13:36
    • いや、現代の製品 でも済む問題とかいってるけどMSのように複雑で激しく動く機械はそう単純にいかないだろ。

      宇宙空間では全ての姿勢制御と回避を足裏やランドセルのバーニア、手足を動かして行わなければならないんだし。おまけに敵の攻撃は地上よりもはるかに激しいから地面を蹴る以上の勢いで動かしていつもおかしくない。

    • 147. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 13:45
    • 地面を蹴る以上の勢いで動かしていることと地面を蹴って自重を支えるような荷重が掛かる事とは別問題だよ

      スカスカ宙を蹴るスピードが速いから地面を蹴るより大きな抵抗が発生してると自分で主張してるの判ってる?
      バーニア吹かして負担がかかるのは推力系だろうよ足裏のバーニアならいくらか関節部に負荷は掛かるだろうがそれだって重力に抗して40tからある自重を飛んだり跳ねたりさせる負荷とは比べ物にならない重力下で最も酷使されるであろう膝関節や兄首の関節にそれでダメージが派生発生するとは思えない

    • 148. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 13:58
    • 重力下でも飛んだり跳ねたりするのにバーニア使ってんですが・・・。
      むしろ地上ではバーニア使ったジャンプを多用してるし。
      一回ジャンプすれば接地するまで足を動かすことはそれほどないけど、何もない宇宙でオールレンジ攻撃を避けるには常に手足を動かして姿勢制御しなくちゃならないから。
      かなり関節や可動部を酷使することになる。

    • 149. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 14:07
    • 重力下でも飛んだり跳ねたりするのにバーニア使って・・・
      それで?自重がバーニアを使用すると無くなるの?
      バーニア使用しないで歩いてるの見たこと無いの?
      重力下でゆっくり歩いている方が宇宙でたかだか慣性の力に逆らって手足を伸ばすよりよっぽど負荷掛かってますが

      物理的な負荷が重力下より無重力下で関節にかかるなんてトンデモ説をブチあげておいてよくオーバーヒートの原因が冷却能力の不足に依るなんて当たり前の説を否定できるな

    • 150. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 14:30
    • 宇宙でも姿勢制御や方向転換、回避のために急速に動かしてるんだって分からないのかな。ゆるゆる歩くより負担はかかると思うけど。

      オーバーヒートの原因なんて冷却機能の不足なのか、それとも他の部品が通常考えられない熱を発生したとか色々ある。要は大元の原因が何かで対処もオーバーヒートするまでの過程も変わるんだよ。

    • 151. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 14:47
    • 何ら抵抗のない場所で急速に動かして重力下に自重を支えたり押し返したりする以上の負荷が掛かる訳ないだろって言ってるの
      どんなに速く動かしたって重力下接地面との摩擦より本来滑らかに動くように意図されて作られた関節パーツの摩擦の方が抵抗が大きくなることなんてまずありえないよ、光速に近づけていけば負荷は無限大に……みたいな話がしたいならゲッターとか、せめてマクロスでやってくれ

      そう原因はいろいろあるんだよ無重力下で重力下以上の抵抗や負荷が関節部に掛かることなんてことまず考えられないが、負荷や発生する熱が小さくなっても排熱機能が大幅減すればオーバーヒートしうるの、ってーか宇宙空間なら太陽光であぶられるだけでオーバーヒートなんて簡単に起こるんだよググれマジで

    • 152. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 14:58
    • 太陽光でオーバーヒートなんかしたら使い物にならねえだろ。そもそも排熱機能が戦闘中に下がったのではなくて関節から本来発生しないはずの熱が出てオーバーヒートしたんだっつーの。 
      関節の話といい、自分の知識よりまず作中の出来事を前提に話を進めて下さいよ。

    • 153. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 15:25
    • 間接だろうとなんだろうと大気による熱伝導の働かない宇宙空間では発生した熱はすべからく排熱機構で処理せにゃならん、何が原因であれ冷却機関が無関係とは一切言えません
      んで、関節部のごくわずかな摩擦でも常に熱は発生してる、大気中では無視できるこのわずかな摩擦熱も上記の理由で宇宙では無視できない
      ごくわずかでも冷却機構のキャパを越えれば延々と蓄積していきやがて高熱となってパッキンなんかの熱に弱いパーツを劣化させていく、そうなれば後は悪循環で本来の滑らかさを失った関節は摩擦が増大しレスポンスは悪くなりアムロは苛立つって寸法だ

      重ねて書くが宇宙空間で関節に掛かる物理的な負荷が増大するなんてありえない

    • 154. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 15:28
    • ※115
      ちょっと遅れた、けどいい加減こっちの意図も理解して欲しい
      俺は何もオールレンジが程度の低い射撃概念と言ってる訳じゃなく、条件次第で砲門の数ほど高度な射撃概念に匹敵する単砲台はあり得るという話
      高度な射撃の条件が何もオールレンジ一種類ではないだろう?ってことだね
      ファンネルが単砲としては間違いなくmsに性能で劣っているのを射角と被弾面積の小ささとなにより数で補っているコンセプト兵器に対して、その逆を進む概念の砲台兵器もあり事実後年のMSが前者を再び抜き直していった訳で前例も含めて、違う時代や技術の兵器だとしても結果的にステータスの条件が集まればそれは同じ驚異を振るう

    • 155. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 15:43
    • ※115
      ちなみに俺はオールレンジは戦術と性能の普及についていけなくなった系統の説を押してる派閥なので、その辺は最終的にMS至上主義に落ち着くね
      そこは意見ぶつかるところかな
      ただそのどちらが(MSとファンネル)実際に優れているかに関係なく、そことはすっぱり切り離して条件次第でオールレンジにまけない射撃概念の砲台兵器はあって自然といえる
      逆に言えばないとする論拠がない

    • 156. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 15:47
    • ※153
      ブラウ・ブロとの戦闘でアムロがガンダムの反応速度に不満を持ったのは交戦直後。つまり熱がこもる前からレスポンスの遅さに不満を持っていた。
      もちろん出撃前に整備は済ませているし、アムロなりに見直してもいるから熱が蓄積→部品が劣化しレスポンスが悪くなる、というのはこの場合当てはまらない。
      まあ、MSは宇宙でも使用することが前提だから熱対策はされてるいる訳で、大気がないことを差し引いてもオーバーヒートするということは相当な負荷が発生していることに変わりはないけど。

      いい加減、実際負担がかかってるのに有り得ないってやめてもらえます?描写にケチ付けても変わるもんじゃないよ?

    • 157. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 16:03
    • ※155
      申し訳ないけど単砲台ってのがよくわからない。でかいビームキャノンみたいなもの?

      ビットは木星帝国の機体が多用してるし、ベスパがコンティオのようにオールドタイプでもビットを使えるようにした機体を開発してるのはオールレンジ攻撃が依然強力だということに他ならない。
      細かいコンセプトの違いはあってもオールレンジ攻撃が時代遅れの戦法になったとは言えないね。

    • 158. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 16:17
    • ※156
      もう関節の摩擦がどうのこうのの議論を逸脱してるな
      別の機体と比較する時にガンダムがオーバーヒートしたって事実は参考にならないと指摘したろう
      そりゃ明らかにサイコミュ制御の機体と手動操縦の機体のレスポンスの差だろ

      原因と結果が逆だ。
      アムロの技量が上がってガンダムが壊れたんじゃない、
      ガンダムで追随出来ないほど速い敵に出会った結果 
      機体に無理を強いて冷却機関のキャパを超えるほど機体をぶん回す羽目になったんだ
      単純な摩擦熱の蓄積って問題でもないな、ブラウブロと渡り合うためにバーニアだってこれまでになく酷使しただろう
      そりゃ冷却だって追っ付かないわ

      どのみち関節を稼働させての摩擦が重力下での荷重に勝るなんて有り得ないから
      ブラウブロにぐるぐるパンチしたんでもなけりゃANBACとバーニアを多用しすぎて排熱が追い付かなくなりオーバーヒートでFA

    • 159. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 16:27
    • 明らかにアムロの操縦について行けないと描写されてるんだけどなあ。
      もう一度言うけど反応速度が遅いと不満を漏らしたのは出撃直後。いくら何でもその時点で冷却間に合わない程熱が蓄積したなんて考えられない。ついでにいえばロケットやエンジン周りはオーバーヒートしてない。

      なんつーか、自分の都合に合わせるために作中の出来事を無理矢理当てはめようとしてるよね。

    • 160. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 16:42
    • ロケットやエンジン回りに重点的に冷却機関が設置されてただけだわな
      アムロの技量が上がったからと言って関節が限界を超えた速度で稼働するわけじゃなし異常な気内温度上昇をモニターするデータだって当然コクピットに表示されるはず 
      それこそ冷却機関の故障で機能停止でもなければそのキャパ内でバーニアを吹かしたりビームを使ったりも腕の内
      これ以上スピード出すと危険ですよーってなラインなんざ乗用車にも存在する
      単純にガンダムの性能不足だし、その原因は冷却機能のポテンシャル不足
      マグネットコーティングで解決したから勘違いしているだけで根本原因を潰せてない
      マグネットコーティングでも追い付かなくなって同じようにバーニアを多用すればまたオーバートとするだろそれ
      右足を怪我した結果左足にサポーターを巻いてけんけんしてるみたいなもの

    • 161. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 16:55
    • いや、冷却機能の不足ならマグネットコーティングで関節いじくるんじゃなくて普通に冷却機構直せよと。

      ガンダムの可動部分の反応速度が遅いからアムロの要求通り動けなくなり負荷が集中してオーバーヒート。要するに「速く動けない」のが根本的原因でマグネットコーティングで負担を減らしてスピードアップしたことにより解決した、と説明したし作中でも描写されてたんだけど。

      冷却機構をいじった所で反応速度の遅さそのものやオーバーワークしている問題はどうにもならない。

    • 162. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 17:00
    • >モスク・ハンとしてはマグネットコーティングの実験データがほしいのに冷却機構までいじったら正確なデータとれないし

      と発言したのは君だろう
      オーバーワークもなにも関節を稼働させての摩擦が重力下での荷重に勝るなんて有り得ないと一貫して言ってるだろう
      再度書くが
      MSの間接に掛かる負荷で、重力下で発生する自重以上の負荷をなんか挙げてみろよ

    • 163. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 17:10
    • 有り得ないも何も、オーバーワークしてるじゃん。
      まーた排熱し切れてないからだなんて的外れな意見が通るとでも。
      こちらとしては描写を見るに宇宙へ上がってから地上より負荷がかかるようになった、としか言えないね。
      そっちの思い込みなんか知らないよ。

    • 164. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 17:28
    • 宇宙へ上がって地上よりかかる負荷って具体的になんだそれ
      出せるスピードが頭打ちになってパイロットが苛立つことと
      機体の関節に負荷が掛かる事とはまた別なんだが
      ガンダムのレスポンスなりスピードなりのボトルネックは関節への負荷でそれ以上速くなると空中分解すんのか?
      宇宙に上がって関節に掛かる負荷が軽くなる事とレスポンスがアムロの期待値を下回る事とは無関係ただの性能不足です
      オーバーヒートは関節への負荷が原因ではなくスペック以上を求めるあまりに噴かしすぎた結果です

    • 165. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 17:53
    • スピードが出せないのに無理に速く動かそうとすれば負担がより大きくなるってのは当たり前のことですが。
      その結果がオーバーヒートなり、機械的負担からの破損なりといった形で現れるわけで。
      少なくともMSの運動性を決定付ける上で可動部分のレスポンスは重要。改修するのは妥当な判断だよ。
      実際バーニアの向きを変えたりライフルを構える動作がアムロにとって鈍いように描かれてるよね。
      その後のマグネットコーティングで解消されたことも含めると、ガンダムの反応速度不足は明らかに可動部分の反応の悪さが原因なんですが。

      単なる噴かしすぎが原因ならマグネットコーティングしたところですぐオーバーヒートするわ。

    • 166. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 18:35
    • だから重力下の荷重以上の以下略
      ガンダムの性能不足が目立つようになってきた頃合いでレスポンスの速さがアムロに追いついてないってとこまでは同意なんだわ
      ただそのレスポンスの遅さの原因が関節部への負担なわけないだろって事
      重力下以上の負担なんざ宇宙で掛かる訳がない掛かるってんなら具体的に何か挙げてみろって再三書いたよな

      レスポンスの遅さはそれがガンダムもともとの性能、マグネットコーティングを施したことでレスポンスのアップと負荷軽減の両方を実現したからまるで負荷増大という原因を取り除いたように見えるが気のせい
      宇宙に出て重力下以上の負荷が関節に掛かる訳が以下略
      レスポンスアップが主で負荷軽減はほぼ不要だったけどまあオマケ
      オーバーヒートは読んで字のごとく排熱能力の不足です
      性能不足が為にバーニアを吹かし過ぎた結果ですそこまで加熱するほどの負担が無重力下で以下略
      限界まで手足を高速で振り振りしてオーバーヒートって正気かよ
      重力下以上の負荷がドンだけ高速で振り振りしたら以下略

    • 167. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 18:55
    • バーニアの噴かしすぎでオーバーヒートになったなんてこれっぽっちも描写されてないから。
      レスポンスの遅さの原因が可動部分の抵抗だって分かるよね。で、抵抗があるのは宇宙だろうと地上だろうと変わらない。そんな状態で高速で動かしたら大きな負担がかかるって当たり前の事なんだけどな 。

      実際に過負荷がかかってる描写はあるのにそれを認めようとせずバーニア噴かしすぎの問題やら、地上からのダメージが蓄積したやらちぐはぐな意見いってるけど描写と合わないから説得力ないよ。
      妄想は一人でしてください。

      それとオーバーヒートはモーターやエンジンが過熱する事ね。排熱不足は数ある原因の一つだから。

    • 168. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 19:11
    • バーニア云々は
      宇宙戦闘でどれだけ高速機動しようが重力下での自重以上の負担なんか関節に掛かる訳ねーだろ
      っという論の枝葉だからさ、枝葉でお茶御濁さず本丸に突っ込んでくれよ

      MSの間接に掛かる負荷で、重力下で発生する自重以上の負荷をなんか挙げてみろって何度書かせるんだマジで

      書いてくれれば如何に重力下で自重や加速度によって関節に負担が掛かるか書くからさ、比較しようぜ早く

    • 169. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 19:22
    • こっちも何度もブラウ・ブロとの戦闘でかかってるだろって書いてんだけど。
      何度描写されてるって書かせる気だよ。
      そっちの思い込みて重力下の方が負担がどうのというよりよっぽどハッキリした根拠なんだけど。

    • 170. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 20:29
    • ブラウ・ブロとの戦闘のどこに関節への負荷が示唆されているのかとry
      限界まで性能を引き出していたところに偶々改善された箇所が関節のレスポンスだっただけじゃねーか
      あっこでバイオセンサーが投入されようがテールバインダーが投入されようが状況は改善されただろ、改造された箇所によって限界だった箇所がインターフェイスだったり姿勢制御だったり変化すんのか

    • 171. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 20:46
    • バイオセンサーを投入したところで改善されないよ。駆動系のレスポンスの遅さが問題なんだから。
      今まで無理して動かしていたけどマグネットコーティングで反応速度を上げたから問題はないだろう、て話しをしてただろうに。そもそも曲がりなりにも兵器を改修するのにたまたまやりましたなんてことがあるか。原因をきちんと検討した上でモスク・ハンを差し向けたに決まってる。
      何にせよあそこでバイオセンサー使ってもますます壊れるだけだ。

    • 172. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 20:51
    • 原因をきちんと検討した上でモスク・ハンを差し向けたに決まってる。
      って
      こちらの論をさんざ貶した  そっちの思い込み   ってのとどう違うの?

    • 173. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 20:53
    • ほれ
      ブラウ・ブロとの戦闘のどこに関節への負荷が示唆されているのか詳しく

    • 174. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 20:57
    • ほれほれ
      関節のモーターが焼き付いてなんでコクピットに火花が散るのか詳しく
      メインジェネレータの不調で過電流になってんじゃねーのあれ

    • 175. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 21:09
    • ソロモンからモスク・ハンが差し向けたのはホワイトベースからガンダムの不具合の状況が伝えられたからだろ・・・何の考えもなくとりあえず送られたってのはどうかと。

      マグネットコーティングで可動部の反応速度が上がったとでアムロの操縦についてこれるようになった、ということは改修前の段階では可動部はじめ駆動系はこれ以上耐えられないってレベルの動きをさせられてたんだよ。
      本来もっと速く動かしたいのに関節や可動部分の抵抗がじゃまして動けないんだから確実に負荷がかかる。

    • 176. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 21:18
    • 負荷は掛かるだろうがそれが原因のレスポンス低下じゃねーよ
      重力下の荷重に較べれば何ほどの事もないって
      MSの間接に掛かる負荷で、重力下で発生する自重以上の負荷をなんか挙げてみろって何度の言ってんじゃん
      もともとRX78の性能的にそこが上限だっただけ、上限いっぱいまで使ってたから負荷が掛かった、マグネットコーティングの処理で限界性能が高まった、それだけ  

      如何にも行き当たりばったり新技術を試すたくてねじ込みましたって言わんばかりの登場だったじゃんよ>モスク

    • 177. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 21:23
    • その辺のモーターでも回転を無理矢理止めると調子悪くなったり最悪火を噴くけど、似たようなことがガンダムのモーターでも起こったと見ていい。

      コックピットに火花が散ったのはメインジェネレータの不調というよりは駆動系そのものがいかれたからじゃないの?

    • 178. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 21:27
    • どこの関節がいかれてコクピットに類が及ぶんだよ腰か?ガンダム腰痛持ちかよ

    • 179. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 21:37
    • 少なくとも重力下では反応速度の限界に達する程酷使していないのに宇宙とは比べものにならないほどの負荷がかかるとか言われてもな。
      大体宇宙でも殴る蹴るの格闘戦を行えるMSが自重支えるくらいの荷重で関節いかれたりすんの?
      具体的に書いてるとか言うけどさあ、はっきり言って自重を支えなければいけないから負荷がかかる位のことしか言ってないよね。

      ホワイトベースからの報告が入る→状況を聞いてたまたま症状にぴったりの研究をしていたモスクが送られる。だろ。
      何で調子悪いのか今一分からないけどとりあえず送ろう、みたいなやりとりじゃねえよ。

    • 180. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 21:49
    • むしろ地上でも殴る蹴るの格闘戦を行えるような頑強な関節が、無重力空間でANBAC目的でどんな激しい動きをしたところで負荷なんて微々たるモノだと言ってんのよ

      重力下でも使えるように設計された関節がそんなことで音を上げるわきゃねーでしょうが 
      機体のレスポンスが遅いって内容だけのレポートもやっぱりマグネットコーティング処理の判断降りるだろうよそれでも十分内容は合致するんだから、如何に関節に負荷が掛かっているかを説いたレポートだって言及はないでしょうよ
      想像、思い込みの類

    • 181. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 21:57
    • 実際微々たるものとは到底言えない負荷がかかった訳だが。
      駆動系の反応速度が遅くてオーバーヒートまで起こしてるんだから当然報告はいってるだろ。可動部に間違いなく負担かかってるんだから。
      想像じゃなくて事実。

    • 182. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 22:09
    • 宇宙で関節に掛かる負荷程度でオーバーヒートするか大いに疑問
      モーターなのかジェネレーターなのか、モーターだとして物理的な負荷が重力下を上回るなんてまず考えられないから排熱の問題じゃないのかって言ってんのよ
      可動部に間違いなく負担?
      それある程度は掛かってるだろ稼働している以上
      だとしても宇宙空間で宙を蹴るのに何ほどの負担だっていうね

    • 183. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月30日 22:25
    • 宙を蹴るというか、方向転換や照準のために手足を動かす段階で負担がかかるってことだろうよ。
      可動部の抵抗は地上だろうが宇宙だろうが変わらない以上、高速で動かせば無重力でも抵抗は大きくなるわ。
      そもそも重力下では可動部分に過負荷がかからないよう操縦してたんだしねえ。

      冷却機構は特に改修せずマグネットコーティングでオーバーヒートも収まったから排熱の問題じゃないと何度も書いたよね。

    • 184. 名無しのガンダム好き
    • 2016年12月31日 12:15
    • ※157
      上でも言ってるけど、ようはファンネルという単体の砲台の性能その物や拡張性の限界やその数や射角が総合性能と考えた場合、MSなどの一つの砲台がそれを凌駕する場合はあるって主張だね
      それはもちろんパイロット性能も十分関わってくるだけど、そもそもMSサイズとファンネルのサイズで設計できる拡張性の限界や見込める性能はかなり差があるわけで、単純にいえば小型の設計ほどシンプルな構造を求められるわけだから
      どうしてもファンネルに投入できるステータスには限界があるし、実際それに困って開発された機種もあるけど、結局はそれらを大きく解決した子孫が主流化できなかった代わりにMSの延びしろは続いていくから
      木星帝国にしろコンティオにしろ思い出したかのように再度設計されるのに、結局は主流兵器として生き残れないか、その前に絶えちゃうんだよね
      リグにしろ最終的には片方をヴァリアブルに切り替えちゃったし
      というか俺のいってることはその後の世界にオールレンジ兵器がでないというより「兵器体系を駆逐しなかった」ぐらい極端な話なんだよ
      ミノフが誘導兵器を主流から引き釣り下ろしたようなモノを指してる

      というかそもそもこの話のもとは反応速度からのハシュマルのビーム砲台としての性能と脅威が元だったから、MS云々はちょっと話が大分ずれた感があるな
      それはその話からMSと置き換えないとなんないかな

    • 185. khilyg
    • 2017年01月08日 23:49
    • つまり、ガンダムハンマーやハイパーハンマーで戦えばいいだけ、ジオンでもハンマーガンとかある、水陸用ならクローや爪が有る

    • 186. 名無しのガンダム好き
    • 2017年01月09日 00:33
    • ビームが効くか効かないかだったのに結局戦闘力の話になるのね。
      現実にないものだし比べようがないけど、火星テラフォーミングはすごいよね。
      すごくない?
      シムアースで火星住めるようにするの楽しかったな。

    • 187. 名無しのガンダム好き
    • 2017年01月10日 23:21
    • 科学力高そうな描写が少ないのが諸悪の根源だが、そもそも火星に当たり前のように住んでる時点で文明レベルが違うんだよな

    • 188. 名無しのガンダム好き
    • 2017年01月14日 16:58

    • 重力とか遠心力とかの物理的な負荷で関節がおかしくなるんじゃなくて、アムロの変態操縦を実行するために全身各所のフィールドモーターをぶん回したり急停止させたりを延々繰り返して、発熱させまくった結果の不具合じゃないんですかねぇ

      「摩擦によって発生した熱でオーバーヒート」ではなく「摩擦があって動かしづらいのに無茶な稼働を要求されて、理想の反応速度に近づけるために大量の通電が行われ続け、摩擦の発生する部分ではなくモーターそのものが通電による発熱で過剰に加熱した」ってことじゃないですかねぇ

      マグネットフィールドで摩擦が減れば、それ以前よりも少量の力で同等以上の動きができるから、結果としてモーターの発熱も激減するだろう

コメントする