シェアする

【ガンダム】MSが歩いたり飛んだりすると衝撃が凄そうだけど、パイロットへの衝撃対策ってどうやってるの?

2名無しのガンダム好き 2019年04月06日 09:40

気にしない!




3名無しのガンダム好き 2019年04月06日 09:43

巨大ロボットはみんな衝撃で中の人が死ぬからな




1名無しのガンダム好き 2019年04月06日 09:37

特にされてなかったはず

一応第2世代(あるいは1.5世代)のMSにはリニアシートという衝撃吸収機構が設けられているし、エアバックも完備されている
でも完全な衝撃対策をするには目立った技術革新はされていない(衝撃吸収にも秀でたコックピットはV2コックピット位)し、急場しのぎでも特殊な液体(電圧を加えると固くなる性質を持っている)をコックピットに満たすことでクッション材にする程度だったな

アナザー系はその辺描かれていない奴もいるからな(パイロット潰しのトールギスとか)



4名無しのガンダム好き 2019年04月06日 09:59

AOZの小説版で試作アッシマーで大ジャンプ→着地を繰り返しながら戦闘してた時にパイロットが「アムロ・レイはこんな衝撃に耐えながらあの戦闘をやってのけたのか!?」みたいに驚いてる描写があったな




5名無しのガンダム好き 2019年04月06日 10:02

空想科学読本の間違いを指摘するという本にもある通り
全身の関節が衝撃を吸収する
人間がジャンプしても無事なのはその機能
さすがに吸収不可の高さでは死ぬ




7名無しのガンダム好き 2019年04月06日 10:21

これはマジで永遠に謎
マクロスクウォーターのデブリ半端じゃない衝撃がありそう




8名無しのガンダム好き 2019年04月06日 10:22

ごめんなさい
デブリに着地




11名無しのガンダム好き 2019年04月06日 11:30

シャアザクは倒壊したビル群の中を緩やかに上昇し、そして下降した
つまり通常のジャンプと着地はそんな感じに穏やかに行うんだろう

つまり通常歩行が一番難しそうに思える




13名無しのガンダム好き 2019年04月06日 12:02

加速のGとか左右機動で振り回される描写はあるけど、上下動ってあんまり描かれないんだよな。




14名無しのガンダム好き 2019年04月06日 12:04

あれだけ巨大なロボットが飛んだり跳ねたりできるだけの技術力があるんだから
それ相応の対G技術も発達してると考えるのが妥当じゃない?




16名無しのガンダム好き 2019年04月06日 12:24

ぶっちゃけ18mの巨体とかやり過ぎだった。




17名無しのガンダム好き 2019年04月06日 12:38

普通に考えて特に脚部に振動吸収する装置を付けなければ本体が振動、衝撃で壊れるだろうが…

パイロットに関しては、コクピットブロックに振動吸収する装置である程度対策してんじゃないの?




18名無しのガンダム好き 2019年04月06日 13:15

ガンダムエグザだったかなぁ?
ファーストに勝手に乗ったキャラが衝撃に戸惑っていた描写があったから宇宙世紀の初期の機体は特に対策されていなかったと思う
ジオンに対抗出来る性能が優先で車でいう乗り心地は後回しにしてでも戦闘力に重点を置いてたんだと思う




19名無しのガンダム好き 2019年04月06日 13:19

ショベルで雪押っ付けるだけでもけっこうな振動だよ




21名無しのガンダム好き 2019年04月06日 14:02

ノーマルスーツにも耐G用の補助機のはあるだろうし、MS自体の基本OSにも組み込まれているだろうけど、それでも急なGを発生させる機動はどんな機体も苦手な気がするね
ユニコーン用のパイロットスーツもNT-Dの機動に耐える為だけにあるからな




22名無しのガンダム好き 2019年04月06日 14:03

だから初めてエヴァみたときはなるほどと感心した
途中で設定忘れたのか普通に衝撃受けてたけどな




23名無しのガンダム好き 2019年04月06日 15:03

俺の持ってるガンダム大百科には1年戦争のMSのコクピットは固定されてて
衝撃がもろ人間に伝わり人間が耐えられる限界に達してた。

リニアシートの導入によって機体とシートが分離されたためパイロットに衝撃いかなくなり激しい動きにも対応できるようになったとあった。




25名無しのガンダム好き 2019年04月06日 15:07

作ってる人そこまで考えてないと思うよ




26名無しのガンダム好き 2019年04月06日 15:28

エクシアは四肢が柔軟に稼働するからそれを利用して衝撃吸収とか拡散やってる設定がある
ついでに刹那はその機構を完全に使いこなしてるって意味でも専属パイロットとして素養ある

欠点は可動域が広すぎて限界まで広げると非装甲部分まで露出するのでそこが弱点になる(さすがにそこを狙えるようなパイロットはいなかったが)




29名無しのガンダム好き 2019年04月06日 15:47

Wはガンダム系はフローティングコックピットがあるけど
トールギスにもいくから基礎技術あったならリーオーとか派生型にもいくらか軽減機構あるかもしれない




30名無しのガンダム好き 2019年04月06日 17:13

車の運転でさえあんなに揺れるのに




31名無しのガンダム好き 2019年04月06日 19:49

GN粒子によりなんやかんやして慣性を相殺してるので、パイロットへの負担はほとんどありません。
太陽炉を搭載する以前のMSでは、急な制動により吐血するパイロットもいたようですが。




32名無しのガンダム好き 2019年04月06日 20:19

1st~ZZまでは、何にもない。というか、コクピットに関しちゃ「宇宙戦闘機」と変わりがない。装甲板があるだけだな。
従って、ビグロにつかまった天パが加速度(自分のスピード+ビグロのスピードが瞬間的にかかった)で失神したのは正しい演出。あれで肉片になってないほうがおかしいけどねw




35名無しのガンダム好き 2019年04月07日 00:38

ケイブンシャのZガンダム大百科によるとリック
ディアスの足にはショックアブソーバーがある。
ディアス程でないにしろザクやガンダムにも似た
装置はあったのでは?




36名無しのガンダム好き 2019年04月07日 02:29

今耐震ビルと同じで衝撃や振動がコクピットに行かないようになっているんだろ
Gに関しては戦闘機と同じでパイロットが耐えるしか無い
ターンAくらいまでいけばGキャンセラーがあるから快適で
ロランも平気で乗っていた




37名無しのガンダム好き 2019年04月07日 03:01

Gジェネウォーズのカットインのコクピットは無茶苦茶揺れてたな




【画像】Hi-νガンダムの格好良さは異常!

【画像】ガンプラ「シナンジュ」作るぞwwwww

【朗報】鉄血のオルフェンズ、劇場版も普通にやりそう!脚本は岡田麿里氏が濃厚

【画像】ガンプラ「ガルバルディリベイク」完全にバルバトスと一致wwww

ジオングとガンダムの性能差って当時どのくらいあったの?

【朗報】鉄血のオルフェンズ、新エピソード制作決定!

F91以降全てが大爆死!富野ガンダムの何がいけなかったのかを考察するスレ!

【画像】ガンプラ「ガルバルディリベイク」完全にバルバトスと一致wwww

お前ら何がきっかけでガンダム好きになったの?


【画像】グフカスタムを語るスレ!このデザイン完成されてないか

コメントを残す

コメント一覧

    • 1. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 09:37
    • 特にされてなかったはず

      一応第2世代(あるいは1.5世代)のMSにはリニアシートという衝撃吸収機構が設けられているし、エアバックも完備されている
      でも完全な衝撃対策をするには目立った技術革新はされていない(衝撃吸収にも秀でたコックピットはV2コックピット位)し、急場しのぎでも特殊な液体(電圧を加えると固くなる性質を持っている)をコックピットに満たすことでクッション材にする程度だったな

      アナザー系はその辺描かれていない奴もいるからな(パイロット潰しのトールギスとか)

    • 2. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 09:40
    • 気にしない!

    • 3. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 09:43
    • 巨大ロボットはみんな衝撃で中の人が死ぬからな

    • 4. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 09:59
    • AOZの小説版で試作アッシマーで大ジャンプ→着地を繰り返しながら戦闘してた時にパイロットが「アムロ・レイはこんな衝撃に耐えながらあの戦闘をやってのけたのか!?」みたいに驚いてる描写があったな

    • 5. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 10:02
    • 空想科学読本の間違いを指摘するという本にもある通り
      全身の関節が衝撃を吸収する
      人間がジャンプしても無事なのはその機能
      さすがに吸収不可の高さでは死ぬ

    • 6. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 10:07
    • ボラギノールだろ

    • 7. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 10:21
    • これはマジで永遠に謎
      マクロスクウォーターのデブリ半端じゃない衝撃がありそう

    • 8. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 10:22
    • ごめんなさい
      デブリに着地

    • 9. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 10:36
    • 「ヒロインをめざせ(小坂理恵)」という昔の少女漫画で、スーパーロボットに乗るための特訓(バンジージャンプや巨大振り子にしがみつくなど)という空想科学読本式ギャグがあった

    • 10. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 10:41
    • たまにあるゼリーや液体をコックピットに充填する方式は理にかなってるのか?

      つまりこの機体はあらゆる戦闘機やロボットの完成形ということ

      B-3C2″SEXY DYNAMITEII”/セクシー・ダイナマイトII
      [ ゼリー状フレーム改良型 ]
      バイドの神経伝達触媒、「BJ物質」を極限まで活用しようとした機体。

      「BJ物質に直接身体を接触させることで、操作機器を介さずに機体を操縦できる」との考えから、搭乗するパイロットは最低限の生命維持装置のみを身につけた状態でゼリー状の塊の中に入れられた。しかし人間の方が拒否反応を示すことが多く、実用化には専用に訓練されたパイロットが必要と判断された。BJ物質が人間の精神に与える影響に関しては、明らかになっていない。

    • 11. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 11:30
    • シャアザクは倒壊したビル群の中を緩やかに上昇し、そして下降した
      つまり通常のジャンプと着地はそんな感じに穏やかに行うんだろう

      つまり通常歩行が一番難しそうに思える

    • 12. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 11:48
    • ロボットは役者さんが演じてるんだよ

    • 13. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 12:02
    • 加速のGとか左右機動で振り回される描写はあるけど、上下動ってあんまり描かれないんだよな。

    • 14. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 12:04
    • あれだけ巨大なロボットが飛んだり跳ねたりできるだけの技術力があるんだから
      それ相応の対G技術も発達してると考えるのが妥当じゃない?

    • 15. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 12:22
    • ※5つまりMSの間接やショック・アブソーバーが衝撃を吸収しているって事か

    • 16. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 12:24
    • ぶっちゃけ18mの巨体とかやり過ぎだった。

    • 17. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 12:38
    • 普通に考えて特に脚部に振動吸収する装置を付けなければ本体が振動、衝撃で壊れるだろうが…

      パイロットに関しては、コクピットブロックに振動吸収する装置である程度対策してんじゃないの?

    • 18. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 13:15
    • ガンダムエグザだったかなぁ?
      ファーストに勝手に乗ったキャラが衝撃に戸惑っていた描写があったから宇宙世紀の初期の機体は特に対策されていなかったと思う
      ジオンに対抗出来る性能が優先で車でいう乗り心地は後回しにしてでも戦闘力に重点を置いてたんだと思う

    • 19. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 13:19
    • ショベルで雪押っ付けるだけでもけっこうな振動だよ

    • 20. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 13:49
    • パイロットの肉体でほぼ受け止めてるんでしょ。

      先祖は超筋力の生体兵器で、そのご先祖の血が濃く現れた人間がパイロットになれるんだ。
      コパイロットも生体兵器の血を受け継ぐけど、こっちは完全な人工生命体なんだ。

    • 21. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 14:02
    • ノーマルスーツにも耐G用の補助機のはあるだろうし、MS自体の基本OSにも組み込まれているだろうけど、それでも急なGを発生させる機動はどんな機体も苦手な気がするね
      ユニコーン用のパイロットスーツもNT-Dの機動に耐える為だけにあるからな

    • 22. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 14:03
    • だから初めてエヴァみたときはなるほどと感心した
      途中で設定忘れたのか普通に衝撃受けてたけどな

    • 23. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 15:03
    • 俺の持ってるガンダム大百科には1年戦争のMSのコクピットは固定されてて
      衝撃がもろ人間に伝わり人間が耐えられる限界に達してた。

      リニアシートの導入によって機体とシートが分離されたためパイロットに衝撃いかなくなり激しい動きにも対応できるようになったとあった。

    • 24. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 15:04
    • パトレイバー

    • 25. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 15:07
    • 作ってる人そこまで考えてないと思うよ

    • 26. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 15:28
    • エクシアは四肢が柔軟に稼働するからそれを利用して衝撃吸収とか拡散やってる設定がある
      ついでに刹那はその機構を完全に使いこなしてるって意味でも専属パイロットとして素養ある

      欠点は可動域が広すぎて限界まで広げると非装甲部分まで露出するのでそこが弱点になる(さすがにそこを狙えるようなパイロットはいなかったが)

    • 27. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 15:36
    • ※24
      以前テレビに出てたロボット工学の教授だかが
      『パイロットの身体的負担を考えると全長5mが限界だろう』と言ってたからレイバーサイズでもまだ大きいらしいよ

    • 28. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 15:41
    • ※22
      コックピットをLCLで満たせば衝撃自体は吸収できるかもしれないけど
      パイロットにGが大きくかかったら体中の血液が一気に移動するから
      良くて黒視症、最悪失神するんじゃないの?

    • 29. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 15:47
    • Wはガンダム系はフローティングコックピットがあるけど
      トールギスにもいくから基礎技術あったならリーオーとか派生型にもいくらか軽減機構あるかもしれない

    • 30. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 17:13
    • 車の運転でさえあんなに揺れるのに

    • 31. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 19:49
    • GN粒子によりなんやかんやして慣性を相殺してるので、パイロットへの負担はほとんどありません。
      太陽炉を搭載する以前のMSでは、急な制動により吐血するパイロットもいたようですが。

    • 32. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 20:19
    • 1st~ZZまでは、何にもない。というか、コクピットに関しちゃ「宇宙戦闘機」と変わりがない。装甲板があるだけだな。
      従って、ビグロにつかまった天パが加速度(自分のスピード+ビグロのスピードが瞬間的にかかった)で失神したのは正しい演出。あれで肉片になってないほうがおかしいけどねw

    • 33. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 21:58
    • ユニコーンは専用ノーマルスーツで血流制御と投薬による対G制御機能着いてるな
      ナラティブにもその簡易版みたいなのが
      あとはクロスボーンガンダムでまさにテスト中の液体でコクピット満たして大幅にG緩和するシステムが出てた

      無印のガンダムの動きは……あー、うん。何で無事なんだろうな、あの天パw

    • 34. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月06日 22:51
    • ※33
      アナザーと比較しても酷いからなw

    • 35. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月07日 00:38
    • ケイブンシャのZガンダム大百科によるとリック
      ディアスの足にはショックアブソーバーがある。
      ディアス程でないにしろザクやガンダムにも似た
      装置はあったのでは?

    • 36. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月07日 02:29
    • 今耐震ビルと同じで衝撃や振動がコクピットに行かないようになっているんだろ
      Gに関しては戦闘機と同じでパイロットが耐えるしか無い
      ターンAくらいまでいけばGキャンセラーがあるから快適で
      ロランも平気で乗っていた

    • 37. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月07日 03:01
    • Gジェネウォーズのカットインのコクピットは無茶苦茶揺れてたな

    • 38. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月07日 05:15
    • がまん

    • 39. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月07日 08:43
    • 0083の漫画にはモビルスーツにのって3日間歩いて「尻の皮がむけそうだぜ」っていってたからきついっちゃきついのかも

    • 40. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月07日 09:52
    • AOZの続編で、加速性特化なガンダムモドキに乗り換えた主人公が、
      強いG受け続けた後遺症で戦後日常生活にも支障きたす程の障害者になってたな

    • 41. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月07日 17:13
    • あのサイズだと歩くだけで上下に1.5m以上動く
      つまり歩行中、パイロットは常時1.5mの高さから落下しているわけで
      普通ならすぐに病院送り、へたしたら死ぬ。

      だから、結論として言えば、ジャンプくらい今さら気にするなってこと

    • 42. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月07日 19:39
    • アムロはZでも、墜ちたら死ぬどころか機体も粉々になるだろって高度から気軽に飛び降りて、別のSFSに飛び移ったりしてるからなぁ……

      関節への負担に関しては、小説版ブルーで、ユウ・カジマが常に動き続けて敵弾を避ける機動した結果、ジムでは関節の消耗が激しくて頻繁に部品交換必要って描写があった
      その後乗り換えたブルーは関節周り強化されててその心配無くなったと

    • 43. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月08日 00:37
    • マジンガーZで解決済み

    • 44. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月08日 09:41
    • ※39
      行軍用に無限軌道の一つもつけて差し上げたいところだなw
      なにげにその手の人間工学デザインは実際の兵器でも至上命題だったりするし

    • 45. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月08日 11:59
    • 対策を練った構造はV2のコアファイター位か
      ファントムは完成度低いから衝撃を吸収しきれていない

    • 46. 名無しのガンダム好き
    • 2019年04月09日 07:06
    • ※16
      MSの初期案は武装した宇宙服だからな

    • 47. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月06日 12:13
    • スローネとかトライアルシステムで上空から無防備に落下したけど、パイロットはちょっと衝撃うけただけだったな

    • 48. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月06日 12:22
    • どう、もっともらしい事言っても無理あるから気にしないのが最良の対策。
      逆に対応できる、大丈夫って言う奴の方が科学的素養疑がわしいだろ。

    • 49. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月06日 13:13
    • 衝撃はともかく歩行の際の上下運動はカメラは視覚補正されても酔うだろうなあとは思う

    • 50. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月06日 13:29
    • コアファイター系は操縦席が回転するんだから、第2世代ほどではないがある程度の磁気浮上(マグネット・コーティング)みたいな謎技術が使われてるんじゃね?

    • 51. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月06日 13:41
    • いつも通りミノフスキーでなんとかなるやろ

    • 52. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月06日 14:56
    • アナザー・UCに限らず、普通に対G機構はついてるだろ。
      古いMSに乗ったら驚いた?そりゃ年度が進めば機構の性能も上がってるだろうし、
      その性能の差に驚いたんだろ。
      だが、いくら対G機構があってもそれを上回る衝撃があれば、がっくんがっくん行く。
      極論、トールギスみたいなのは「当時の技術での対Gシートじゃ耐え切れない」レベルで、
      対G機構一切なしとか、そういうのではないと思う。

    • 53. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月06日 15:12
    • 後、柳田理科雄の空想科学読本は、
      「SFじゃあって当たり前だから、あえて言及してない要素」を
      「言及されてないからない」と決め付けて書いてるケースが多々。
      作中の仮想物質やSF物質による現象を「存在しないもの」としてみたり、
      「似た名称の物質があるのでこれで」と勝手に別物質に置き換えてみたり。

      正直、ネタとしてみるならともかく、論拠に使うのは恥かくだけだ。

    • 54. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月06日 15:21
    • ターンAだったかは、走ってる時でもあまり上半身が上下動しないような作画だった気がする
      手抜きなのかそこまで考えての事だったのかは分からん

    • 55. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月06日 15:38
    • 先生ー!柳田理科雄先生ー!

    • 56. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月06日 17:15
    • 00と鉄血はインチキ技術力でGは擬似的にコントロール出来てたから、コックピットの内部を激しく動いてない状況を再現してモニターを細工すれば問題無いだろう。
      他の場合は厳しいと思うけどね(´-ω-`)

    • 57. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月06日 19:20
    • うつ伏せに転んでそのまま故障したら外に出られないよな?
      想像しただけで具合悪くなりそう…

    • 58. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月07日 00:47
    • スラスターやバーニアによる加速は置いておく。
      少なくとも、全高18mクラスの「チタンとセラミックと熱核融合炉」の塊が、地上で時速60~100kmくらいで「走行」する以上、その衝撃の大きさは凄まじいものになる。
      ただし、足元から全身の「関節」部が、構造的に緩衝材を兼ねていると考えるのがメカ屋ではなかろうか?一切衝撃減衰がなかったら、まず腰骨と背骨が砕けるだろうし。

    • 59. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月07日 01:29
    • 現実の自律式二足ロボだと主要機器があり重心がある胴体部分は揺らさない用に
      制御するし同じ感じにするんじゃね?人間だって脳を衝撃から守るように歩くし。

    • 60. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月07日 02:14
    • ぶっちゃけ宇宙世紀の0083やZ時代に導入されたリニアシートだけだよな
      その辺のコクピット衝撃問題の解決策を提示してるの

    • 61. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月07日 07:24
    • ※60
      V2は、対策済みシートだった気がするし、どれだったかは試験的にエヴァのLCLみたいに特殊な液体をコックピットに満たした設定ある筈だが?
      以外じゃ、脚部のショックアブソーバーとリニアシートとCCAで出てきたエアバック位だな。
      UCでのパイロットスーツは、NT-D時の戦闘中のGに対応してるタイプだったし。

    • 62. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月07日 17:05
    • ※58
      その場合メカの関節部分が負荷でぶっ壊れると思う
      機械的にあの質量の運動エネルギーを支え続けるって無理があるとしか思えん
      ましてや推進機で飛翔するわけだから、位置エネルギーも一手に引き受けるわけだし
      マジカルパウダーことミノフスキー粒子さんに重力軽減効果があるって言ってくれれば納得できるのになぁ
      二代目マジカルパウダーであるGN粒子にはそんな設定があるよね

    • 63. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月07日 17:35
    • ※54
      ∀も裸で乗ったロランが衝撃の影響で
      シート背部のくぼみで鬱血するほどの
      押しつけを数か所できる位だから衝撃緩和
      は略パイロットスーツ頼りなんだと思う
      御大将は凄いよね・・・。

    • 64. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月07日 23:22
    • 今は慣性制御が標準搭載なんじゃない?鉄血でも急加速とか殴り合いの衝撃を緩和するのに使ってたし。宇宙船の重力制御とかも同じか。

    • 65. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月14日 22:22
    • 衝撃対策など必要ありません。
      美少女パイロットのオッパイが揺れれば良いのです。

    • 66. 名無しのガンダム好き
    • 2019年05月17日 23:02
    • まぁ全く同じには考えられないけど
      人間が子犬抱えて走っても子犬は死なない訳で、多分慣れればどうと言う事は無いんじゃないか?

コメントする