シェアする

【ガンダム*】パーフェクトガンダムてなにが優れてる機体なの?

コメントを残す

コメント一覧

    • 1. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 09:15
    • プラモ狂四郎流の強化型ガンダムだからオレ設定だったりする

    • 2. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 09:17
    • ロマン

    • 3. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 09:22
    • 敵に与える精神的な圧迫感

    • 4. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 09:25
    • 火力と装甲

      ちなみにプラモ狂四郎の設定上は俺流最強のガンダムって設定(そして当時の1/100ドムの脚部をくっ付けたジオングがパーフェクトジオングと呼ばれる原型になったのもプラモ狂四郎だよね)
      その後痛い敗北から改修プランを考えた際「装甲はパージした方が良いよ」という意見を取り入れて着脱可能なパーフェクトガンダム2が誕生した
      其のパーフェクトガンダム2をリファインしたのが後のフルアーマーガンダムとなる

    • 5. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 10:01
    • カッコよさ。

    • 6. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 10:09
    • ストリームベースが考案したこと。

    • 7. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 10:12
    • ダサさ

    • 8. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 10:36
    • 水鉄砲による消火力

    • 9. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 10:44
    • 水鉄砲で敵機の電飾をショートさせられる

    • 10. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 10:44
    • 左手のシールド固定している部分は腕時計の金属ベルトを使っている

    • 11. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 11:34
    • そんなん小学生のネーミングセンスとしか……

    • 12. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 11:40
    • ※4
      パーフェクトガンダムの装甲って本来はパージできないのか。
      昔の 1/100 とか素ガンダムに装甲付けてく形式だったし、スレ画とかは装甲外せるから、あれは着てるだけかと思ってた。

    • 13. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 11:47
    • ロボダンだとノーマル版とパージ版でそれぞれステータスがあるので、一回撃墜されても脱出して戦えるのが魅力。
      ただ、パーフェクトガンダムそのものに強化の伸び代が無いのと、アムロとかのエースパイロットを乗せられないのが弱点だな。
      序盤はまあまあ使える。

    • 14. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 11:54
    • 3号のレッドウォーリアの肩についた横移動用のは縦の動きに横が加わるから強いやろ
      前2つは知らね

    • 15. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 13:18
    • ※12
      原型が作られたのが相当古い時代で、肩や胸、腹の装甲も全部プラ板貼り付けによる加工だからね。強度を保つためにも、パージ装甲なんてとてもとても……。

    • 16. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 13:28
    • 35年以上前のマンガの中で
      小学生がガンプラを改造した という設定のオリジナルガンダムの名前だから
      いかにも強そうで微笑ましいだろ

    • 17. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 13:46
    • 命名者の祈り

    • 18. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 19:07
    • 豊富な武装を生かした、戦闘継続時間?
      いけねぇ、そりゃサンボル版フルアーマーじゃねぇかw

    • 19. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 20:36
    • この歳になってよく思うんだ。
      フルアーマーってのはこういうのを指すのであって、UCのあれはアーマーじゃなくて、フルウェポンと呼ぶんじゃないかって。

    • 20. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 21:59
    • ユニコーンとか、アーマー(装甲)増えていないよね。
      仰るとおりフルウェポンとか重装改とか全部乗せとか特盛りとかが適切。

    • 21. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 22:03
    • 仮にユニコーンに装甲フルアーマーがあったらNT-Dの都合上面倒くさい事になりそう

    • 22. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月26日 22:28
    • 原作だと貼ってただけのプラ板がバラバラ剥がれてたね

    • 23. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月27日 00:35
    • ユニコーンの追加装甲は面白そうだな。もちろん変形機能付きで

    • 24. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月27日 00:47
    • そもそも原作で追加装甲のせいで運動性、機動性が犠牲になってる事を敵に気がつかれてしまう不完全な形態だよパーフェクトガンダム 。

    • 25. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月27日 06:11
    • ※20
      フルアームズでもいいのでは?

    • 26. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月27日 07:18
    • ※4
      でも結局は装甲と一体化したパーフェクトガンダム3ことレッドウォーリアーになるんだよな

    • 27. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月27日 07:19
    • ※20
      装甲増えてはいるぞ、シールドという装甲が(しかも2枚追加)
      まあそこぐらいしか装甲増えてないけども

    • 28. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月27日 08:16
    • ※26
      ぶっちゃけるとパーフェクトガンダムやフルアーマーガンダムより、レッドウォーリアーがぶっちぎりで人気だったよな

      ちなみにパーフェクトガンダムはビルドファイターズの最終回で主人公の父親のガンプラとして登場していたけど、その際全武装がビーム兵器に置き換わっていたよな
      武装のでビーム兵器だったのは2連装ビームガンだけで、それ以外は実弾兵器のショルダーキャノンとシールド裏に収納されていた3本のビームサーベルと機雷だったよな

    • 29. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月27日 11:21
    • 狂四郎にとって当時思いついた『パーフェクト』がこの形だったって事なんじゃないの?

    • 30. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月27日 11:23
    • ※12
      前期型と後期型では足首のあたりとかデザイン自体もちょっと違うんだよ

    • 31. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月27日 11:27
    • ※26
      別にレッドウォーリアって装甲強化されてなくない?
      むしろコンセプト的にはジムライトアーマーに近いと思うんだけど

    • 32. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月27日 19:38
    • 厚い装甲
      スラスター増強でスピードアップ
      キャノン砲 搭載で火力もアップ
      まさしくオレが考えた最強のガンダム
      実機があったとしてもV2同様 これで敵陣に突入して
      壊れた箇所を次々にパージしていけば問題ないし
      コストが掛かる以外は短期強襲用として使えるのでは

    • 33. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月28日 16:42
    • 要はサーベル持ってるガンキャノンだよね。んで運動性がガタ落ちで接近戦では腕や足が重くなって弱くなっていたってオチ。実は狂四郎って結構初期は負けるからな。

      負けて対策を考えて強くなる昭和の漫画の主人公だから。

    • 34. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月29日 02:18
    • ※19
      ※20
      一応、正しくはフルアーマメント・ユニコーンと説明されてるから…

    • 35. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月30日 12:20
    • オレ、プラモ狂四郎世代じゃなくて、プラレス3四郎なんで
      全然わからん

    • 36. 名無しのガンダム好き
    • 2020年06月30日 16:39
    • インパクト自体は強烈だったよなパーフェクトガンダム(只プラモとしてのインパクト加減はMGパーフェクトジオングのサイズ感で圧勝)

      ただ重装甲で高火力と言うコンセプト自体はガンダムの持ち味であった運動性と格闘戦能力をそいだ結果となる。
      その後改修する際、装甲自体を外せる構造にしたパーフェクトガンダム2(後のフルアーマーガンダム)が誕生してリベンジに成功した
      更に運動性能を強化した結果、パーフェクトガンダム3ことみんな大好き「レッドウォーリアー」が爆誕する

      というか狂四郎って簡単改造や加工が容易な改修(脚部の空洞部分にばねを仕込んでジャンプ力などの運動性能を高めるとか)が売りだったはずだけど、末期は武者ガンダムみたく子供が作るにしては技術レベルが高い改造が(それこそプロのモデラーや改造が得意な人でないといけないレベル)多く登場したよね
      ちなみに武者ガンダムはベースはガンダムでは無くMK-2で、足は消しゴムモデル、胴体はバスマット用の硬化スポンジを改造して製作されており、重量バランスをとるためにコックピット兼重りとして内部に鉄球を仕込んでいるというこち亀の両さんみたく手先が器用すぎる人でないと難しい作品

コメントする